【ウォーキングデッドシーズン10】ニーガンを逃したのは誰?ベスの歌が使用されていた!




ぞびん
ウォーキング・デッドのシーズン10の第4話でニーガンを脱走させたのは誰なの?

という疑問と、ベス役のエミリー・キニーの歌が第5話に登場していたことが判明しましたのでそのことについて紹介していきますね。

こんにちは!Mamiです。

ウォーキング・デッドのシーズン10も徐々に盛り上がってきました!

ここへ来てニーガンの脱走から始まり、思ったよりも登場が少なかったウィスパーズにやっと大きな展開が来そうな予感ですが、ネットでもいろんな噂などが飛び交ってきましたので面白い内容をまとめてみました。

こちらも合わせてどうぞ
こちらも合わせてどうぞ

ニーガンを脱走させたのは誰?

ブランドン説

シーズン10の第5話でニーガンのファンであるブランドンがニーガンの後を追いかけていきましたが、ブランドンは脱走したニーガンを追いかけてきただけで、脱走させた本人ではありません。

キャロル説

キャロルはアルファとの面会の後に、後をつけてきたウィスパーズを銃で撃ちました。

ということは、キャロルはウィスパーズがわざと後をつけてきたことを知っています。

しかしその後なんの説明も展開もなく話はすすみましたが、あのままキャロルが何もしないまま放置するということ自体が不思議すぎます。

ということで、キャロルがニーガンに

「生かしてやるからその代わりにアルファの首を取ってこい」

と命じたのではないか?

というのがネット上での説になっています。

確かにニーガンの牢屋の鍵を持っているのは

・ミショーン
・ゲイブリエル
・キャロル
・ダリル

あたりだと思うので、この中で1番怪しいのはキャロル、もしくはゲイブリエルになります。

ということからも私もキャロル説はありうるな!と思います。

アーロン説

ニーガンに助けてもらったアーロンが情けをかけてニーガンを逃してやることにした、という説もあります。


ただ、会議の様子ではアーロンはニーガンをまだ良しと思っていない感じだったのでこれはないかな?と私は思います。

原作ではブランドン

今回ニーガンを追いかけていったブランドンですが、原作で父親をリックに殺されているので似たような筋書きにはなっています。

原作でもニーガンが脱走するシナリオになっていますが、この時脱走させたのはこのブランドンでした。

ただニーガンは脱走させてくれたブランドンを脱走直後に始末しています。

まみんぼ
私はキャロルだと思いますね〜

ベスの歌が使用されていた場面は?

シーズン5で惜しくも退場してしまったベスですが、今でもファンに愛され続けています。

そのベス役のエミリー・キニーの曲が第5話に使われていました。

そのシーンとは

マグナとユミコが登場するシーンで、マグナがユミコの言うことを無視して音楽を聞きながら本を読んでいた場面です。

マグナが聞いていた音楽、これがエミリーの最新曲「The Turtle and the Monkey」なんです♪
⇓⇓

ぞびん
久しぶりにこの美声を聞いた〜

ベータが歌手として登場?

原作では「元バスケの選手」という設定のベータですが、ドラマ版ではベータは「元歌手」になるそうです笑

だりお
でかい歌手だな!

ということは・・ベータがいずれ歌って踊ってくれる日が来るのでしょうか?

めちゃくちゃこれ楽しみです笑

まとめ

まみんぼ
ニーガンの今後とベータの歌手な姿を見るのがとても楽しみになってきました

ウィスパーズの原作については

ウォーキングデッド原作ネタバレ!ウィスパーズの最後はどうなる?

ウォーキングデッド原作ネタバレ!ウィスパーズの犠牲者まとめ

も是非参考にしてみてくださいね!




【こちらの記事も読まれています】



ウォーキング・デッドを無料で見よう!

スマホやタブレットがあれば、動画配信サービスを使ってウォーキング・デッドを見るのをオススメします。
⇓⇓⇓

最大4ヶ月半「ウォーキング・デッド」全シリーズを無料で見る秘密の方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください