ウォーキングデッド・シーズン4第13話あらすじや感想とネタバレ

  • LINEで送る

邦題「孤独と温もり」 原題「Alone」アメリカでの評価 8.1/10

ウォーキング・デッド本編シーズン4の13話のあらすじ、感想とネタバレを紹介します。

そして、注目のシーンの動画も紹介するのでチェックしてくださいね!

前回(第12話)ではダリルとベスが落合ました。始めはダリルはぶーたれていてベスに対して冷たい態度をとっていましたが、次第にベスに心を開くようになります。ベスはハーシェルによって飲酒を一切禁止されていたので、吹っ切れたようにお酒を欲しがります。ダリルはベスに密造酒を初めての酒として紹介します。酔っ払った二人はとてもいい感じになりました。そして最後に飲んでいた密造酒でボロ家を二人で燃やします。
前回12話の詳細はこちらへ

スポンサードリンク

第13話あらすじ

 

ーーー過去の映像ーーー

ボブが一人でさまよっていた。

そこである日ダリルとグレンに出会う。

ダリルたちはボブに3つの質問をし、ダリルはボブを刑務所へ連れて行き、仲間に加えることにした。

 

ーーー現在に戻るーーー

ボブ、サーシャ、そしてマギーが刑務所から脱出して一緒に行動していた。

マギーはグレンを探さなければ、と必死だ。

ボブはウォーカーに噛まれかけてしまう、が、バンドエイドをかじられただけだ、と皆を安心させる。

サーシャはボブに感謝の言葉をいい、ボブはにっこりと笑う。

3人が歩いていると、電車のレールのところにサインが立っていた。

「終着駅」

と書いてあり、場所を示していた。

ボブは、そういえばラジオで終着駅には物資があるということを聞いたことを思い出し、そこへ行ってみるべきだとみんなに言う。

マギーもグレンもそちらへ向かっているのではないかと思い、それに賛成。

サーシャはグレンの形跡を他で探したほうがいいのじゃないかと提案する。

3人はとりあえず、その夜をキャンプして過ごすことにした。

しかし、マギーはメモを残し、みんなに迷惑をかけないように、一人で出かけることにした。

しかし、ボブとサーシャはマギーを追うことにする。

2人がマギーを追っていると、また別の終着駅へのサインを見つける。

そのサインにはマギーが自分の血でグレンにメッセージを残してあった。

しばらく後、小さな線路際の町に辿り着く2人。

だけどマギーが来たという形跡は見当たらない。

サーシャはここでずっと過ごそう、とボブを誘うが、ボブはこれを拒否する。

ボブはサーシャが残りたいならしょうがない、自分は一人で終着駅へ向かうと言い、サーシャから去ろうとする。

ボブが去る姿を少し見送っていたサーシャだったが、 ウォーカーたちがたくさんたむろっているところにマギーを見つける。

サーシャは窓をノックしてウォーカーの注意を引く。

マギーはウォーカーの血まみれになって、ウォーカーから気づかれないように寝ていたが、起きてサーシャと一緒にウォーカーと戦い始める。

そして二人はボブに追いつき、一緒に終着駅へ向かうことにした。

後にグレンがマギーの残したサインを見つけることになる 。

ーーーーー

一方ダリルはベスにクロスボウの使い方を教えていた 。

ウォーカーが突然やってきてダリルとベスは急いで逃げようとするがベスの足が動物捕獲器に挟まってしまう。

そしてダリルはなんとかベースを担いで逃げる。 そして、ふたりは 大きな家にたどり着いた。

ダリルは建物の中の安全を確認した。 その家は葬式やだった。

その葬式屋は驚くほど綺麗な状態だった。

部屋もきれいだし、食べ物もあった。

そしてそこにいた ウォーカーの服装も葬式の時のフォーマルな格好だった。

ダリルは誰かがまだ隠れていて建物をきれいにしているのだと推測するが、誰も見つからない。

そこにあった食べ物をいくつか取り、ベスは「ありがとうの手紙」を書いた。

夜が更けてくると、ダリルがドアの外で犬が吠えている声を聞く。

ダリルがチェックしに行くと犬は逃げていった。

ところが、またちょっと後でその犬が吠え始める。

<<注目の動画ここから>>

ダリルドアに歩いて行って誰がいるのか確認しようとすると大量のウォーカーが家の中に入り込んできた。

ダリルはベスに先に逃げるように指示し、なんとか大量に襲ってくるウォーカーを退治しながら ベスのあとを追う。

ダリル:「後ろの窓から逃げるんだ!」

ベス:「あなたを置いて行けないわ」

なんとかウォーカーを退治しながら自らも外へ出ることができたダリル。

<<注目の動画ここまで>>

 

しかしダリルが外に出た時には十字架のマークがついた 白い車が走り去っていった後だった。

ベスの鞄を見つけた ダリルはベスが連れ去られたことに気がつく。

ダリルは慌てて車を追うが、 とても車には追いつかない。

そして武器を持った男たちに囲まれてしまう。

その男達は紛れもなく、リックとカールとミショーンが滞在していた家にやってきたギャング達だった。
そのグループのリーダーのジョーという男が仲間に武器を下ろせと命令し、ダリルに仲間にならないかと誘うのだった。

>>>>>続く

新キャラ

なし

没キャラ

なし

まとめ

  • ボブ、サーシャ、マギーが共に行動している
  • マギーが夜、抜けだして一人で行動する
  • マギーは見つけたサインに自分の血でグレンへのメッセージを書いていく
  • サーシャが小さな町を見つけ、そこにずっと居ることにする
  • ボブは一人で終着駅へと向かう
  • サーシャがマギーを見つける
  • また3人(サーシャ、ボブ、マギー)が共に行動することになる
  • ベスとダリルは葬儀屋へ辿り着く
  • 葬儀屋は綺麗で、食べ物もあった
  • ベスが十字架のマークがついた白い車に連れ去られてしまう
  • ダリルがギャングに囲まれ仲間にならないかと誘われる
スポンサードリンク

感想

話の展開てきにはちょっとスローかな?なんて思った今回でしたが、

最後の最後でどんでん返しですね!!!

なんと、ベスが連れ去られてしまいました!

いきなりなんで?って感じですが、あの十字架の白い車、妖しいですね。

なにかの宗教がらみでしょうか?

それにしてもダリルとベスがなんか、良いカップルになりそうな、そんないい雰囲気ですよね〜〜〜

まあ、ハッピーエンドにはなりませんでしたが。。。

ダリルもキャロル以外に好きな人が見つかって良かった?のかな?

マギーは相変わらずグレン一色ですねw

ちょっとうざいぐらいに。。。。

まぁ、しょうがないんでしょうけどね。こればっかりは。

サーシャはサーシャで安全そうだとはいえ、一人でそんな家にずーーーと留まっていいの??

ここまで頑張ってきていきなりそれは無いんじゃない?

とサーシャに感情移入はできませんでしたが、結局また3人旅に戻ってちょっと安心ですね。

あと、なんか、ボブがちょっとクローズアップされてましたね。大丈夫でしょうか???

次回のベスの行方が心配だ〜〜

14話はこちらへ
スポンサードリンク

こちらも読まれています

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す