フィアーザウォーキングデッドシーズン5第15話ネタバレと感想


こんにちは〜!Mamiです。

今週もまた不毛なドラマ「フィアーザウォーキングデッド」の時間がやってまいりました苦笑

もうどうしていいのか分からなくて救いようのない展開になりつつありますが、

前回は 新しい敵である バージニアという女性のグループ( 馬に乗ったグループ)の基地に モーガンとアルシアが侵入して、捕まったのですが、思ったよりもあっけなく返してもらいました

➡前回14話の詳細はこちら

さて今回はバージニアの反撃となるのかそれとも全く違う展開になるのか、ドキドキさせてくれるのか、逆に怒らせてくれるのか?

それでは期待せずに行ってみましょう〜

まみんぼ

ウォーキング・デッド本家が10月7日月曜日から始まります!

Huluの会員はなんと第1話が通常より5時間早く見れちゃいますよ♪

今のうちに登録しておきましょう!
⇓⇓⇓
→2週間無料で楽しめるHuluはこちらでチェック

シーズン5第15話ネタバレ内容

嘘つきお助けマン

前回撮影していたトムの ビデオが再生されている

それに加えて複数の人物のビデオも再生される

ビデオで語っている人物たちはみんな口を揃えて、「バージニア達は 今日のためではなく未来のために 人助けをしようとしている」のだと 言っていたのだと語る

どうやらアルシアはバージニアの基地に住んでいる住人にもインタビューをしたようだ。

インタビューで住民は

「こうやって自分が生きているのはバージニアのおかげだからだ」という

そしてバージニア自身もインタビューに答え、

「 みんないろんなところで 拠点を持って 良いアイデアを 使って生活しているんだけれども、 やはりみんな助けが必要なのよ」

と語る

 

そしてトムはインタビューで バージニア達が約束したことはすべて 実現してくれたことを話す。

他のものもバージニアたちが協力してくれたおかげで 以前はギリギリ生きていられた状態を 改善できたと嬉しそうに話す

そしてバージニア自身もインタビューで、「皆で助け合うべきだ」と 説得する。

帽子についた マークや 胸についた鍵のマークを 見せて、これを見たら ぜひ連絡するようにと 語りかける。

ヴァージニアの宣伝の動画を見終わった アルシアと モーガンたち。

アルシアは 動画に怒りを覚えて、「 嘘つき」 と言ってテレビを 床に投げつける。

そんなに簡単ではない

じゅんがインタビューで 話をしている。

そしてアルシアやモーガンも 近況を語りなかなか うまく 言ってはいないことを話す。

モーガンの仲間たちは次々と少しずつ語り、 バージニアは不可能だと言っていたけど 自分達は絶対に出来るんだと主張する

グレイスはどうやら緊急手当をしてもらい少し体調が良くなっているようだ。

 モーガンが安心したように笑みを浮かべる。

トムの奇跡

トムはインタビューの中でバージニアのおかげで人を信用できなくなってしまったと語る

すると向こうからトムを呼ぶ声をする。

なんとトムが探していた妹のジャニスだった

ジャニスは 前回  アリシアとストランドが助けに行った女性だ。

トムは カメラに向かって 興奮しながら「一人一人が助けになるんだ」と 呼びかける

最近

アリシアはどうやら木をペイントし続けているようだ。

ジュンはどうやら これからの行き先を決める役割を担当しているようだ

チャーリーはグレイスにギターの演奏の仕方を教わっている

ダニエルもそれを見ている

奇跡

ある夜みんながミーティングをしているとウォーカーが一体やってくる

それを始末したドワイトが何かを発見する

どうやらそのウォーカーはバッジをつけていて、そのバッチは以前ジョンが建設に関わった場所だったようだ

その町は電気もなくガソリンもない状態で過ごせられるようにと建設された場所だった

ジョンはこの場所は自分たちには一番最善の場所なのじゃないかと提案し、モーガンもそれに賛成する。

ストランドはそれに対して抵抗するが他のメンバーは 全員賛成する。

病人

するとチャーリーが叫び声を上げ、急いで駆けつけたみんなはグレイスが倒れているのを発見する。

グレイスは気を失っていた。

じゅんがなんとか調べようとするが何が 悪いのかいまいちわからない

ジョンはガラスについたらすぐに結婚しようとジュンと話す

アルシアたちは グレースのために点滴を探すに行く

点滴を使ったおかげで体調が良くなったグレイスに モーガンが嬉しそうに話しかける

本当の未来

トム達はモーガンたちこそ 本当の未来を作っているんだとビデオで語る

しかし橋に到着すると 水かさが高くてトラックが通れそうにもなくなっていた

グループはみんなでどうにかできないかと考える

ガソリンはもう余裕がなくなっていた

しかし橋を支えている鉄がみんなの体重で少し破裂してしまう

モーガンたちは急いで橋から降り どうしていいかを考える

すると向こうからバージニア達がジープに乗って登場する

バージニア

バージニアは助けが必要なんでしょう?と聞くがモーガンは自分たちで何とかできると言い張る。

ヴァージニアはモーガン達が病人のために点滴を探していたことを知っていた。

そして自分たちの仲間になるようにと強く勧める

トムがなぜ自分を殺そうとしたのかと質問すると、ヴァージニアはトムのやったことに責任を持ってもらうためだと話す

そしてバージニアはこのやり方については別に謝ったりするつもりはないと主張する。

シェリー

ドワイトが自分達はもう断ったはずだと言うと、バージニアはあなたの奥さんのことについて調査してあげたのよと答える

バージニアによるとバージニアのエンジニアがシェリーに2、3ヶ月前ほどに出会ったらしい

シェリーはドワイトについてとても心配していたそうだ

ヴァージニアはどこにも彼女の名前が書かれてなかったのに、シェリーの名前を知っているのは本当のことだからだと主張する

お断り

モーガンは自分達は違う方法で人助けをしているんだと主張すると、

ヴァージニアは自分達は違う方法だけど同じことをしているのだといい、

モーガンの仲間に向かって自分たちの仲間になりたいならいつでも受け入れるという

モーガンも自分たちの仲間に向かってもしも彼女たちの仲間になりたいならそうしてくれてもいいと言う

しかし誰も動こうとしない


バージニアは部下に命令し、とかは空に向かってマシンガンを数回打つ。

どうやらウォーカーたちをおびき寄せようとしているようだ

そしてもし助けが必要ならいつでも連絡しろと不満げに言って去っていく

ウォーカー参上

ウォーカーたちが橋へ迫ってくるなか モーガンたちはみんなで橋を渡るように 対策を立てる

何台かの車でウォーカーたちをブロックし、 橋を修復し、 全員が急いで橋を走って渡る。

残念ながらガソリンタンクのトラックは重くて橋を通れそうにない

しかし橋を渡る途中でトムが 崩れかける 木の板の下敷きになってしまう

トムは ウォーカーが迫ってきてもうだめだと 心配そうな顔をするが、 ウォーカーたちが歩いている橋が重さで沈んでしまい、 命が助かるが、みんなが早く橋を渡るようにと忠告してももっと撮影しなければとその場から動かず、とうとう橋から落ちてしまう。

しかしどうやらカメラは助かったようだ。

アルシアは悲しそうにこの動画を編集していた

トムは助からなかった

トムの妹が悲しそうにトムの墓を見つめている

モーガンはトムは自分たちを信じてくれていて、その願いを叶えるべきだとみんなに話す

目的地へ

人々はみんな歩いて目的地へと歩き出す

ウェスがアリシアに話しかけ、街に着いたらまた自分もペイントを再開するよと言う

ジョンは宣教師のラビに、

結婚式の宣教師を担当してくれないかと頼む

するとモーガンがその会話を聞いて、静かに結婚式を開くのではなくてもっと盛大にするべきだと説得する

ダニエルがモーガンと歩きながら話している

 そしてもうこの世界になってからかなり経つんだから、言いたいことがあるんだったらはっきり言うべきだ、とアドバイスする

到着

しばらくみんなが歩いていると、 標識を見つける。

 その標識は目的としていた ガルチだった

 みんなは嬉しそうな顔をする

モーガンはグレイスに何かを言おうとするが、グレースはそれを拒否する

 モーガンはグレイスが ここにたどり着けてよかったと伝える

しかしいざたどり着いてみると、その街はウォーカーの溜まり場になっていた

困り果てたみんなはどうしたらいいか話し合う

提案

するとストランドが 何かを提案する

しかしそれを聞いたアルシアは反対する

それはバージニアに連絡するということだった

モーガンはみんなに他に何か良い案はないかと聞くが、誰も何も答えない

アルシアももう自分たちはこれでおしまいだとモーガンに 話し始めるが、 ドワイトが一度彼らの仲間になるともう元には戻れないんだと忠告する

しかしアルシアはこのままだとみんな死んでしまうと言う

それを聞いたドワイトは 一人でどこかへ行こうとし、 それをモーガンが止めようとするが、ドワイトはそれを聞かず一人で歩いていく

じゅんは皆に自分のせいだと謝る

アルシアはモーガンに連絡するべきだと言い、モーガンは嫌そうに無線を握る

そしてトムの妹であるジェニスに本当にすまないと言って無線のダイヤルを回し、ヴァージニアに助けてくれと連絡する

>>>続く

 

だりお

ウォーキング・デッド「シーズン10」第1話を通常より5時間早く観たくないか?

それならHulu へ登録するのがいいぞ。

今なら2週間無料でお試しもできる。

→2週間無料で楽しめるHuluはこちらでチェック

新キャラ・没キャラ

新キャラ

バージニアの仲間の住民

没キャラ

トム

シーズン5第15話の感想

何ですかこのバカバカしい展開は!!!!

トムもおバカな行動ばっかりするし、 全然納得がいかないです 怒

ガソリンがそんなにも足りないならもっと初めからちゃんと計画を立てていくべきだと思うし、 本当にその街が良い状態で残ってるかどうかなんて誰も知らないので初めからうまくいくなんて思うこと自体がおかしいです

なんかみんな平和ボケしてしまったのでしょうか?

結婚だと 騒ぐジョンもいれば、 いつ告白しようとうじうじするモーガン。

あんなに辛そうにしていたのに 、点滴で調子が良くなったからといって何マイルも歩けるグレイス・・・

全然辻褄が合ってない気がするんですけど汗

しかも ヴァージニアのことをあれだけ馬鹿にしておいて最後は自分たちが ピンチになったからといってすぐに 降参するという姿勢も 全然ウォーキングデッドらしくないです

元々ウォーキングデッドの良さはサバイバルゲーム的な所があって、 人間の 強さを 魅了する部分もいっぱいあったんですけど、

 モーガンたちの仲間はこんなにたくさんいるのに何もできないとかいきなり言い出すのって何なんでしょう??

こんなに大勢いるなら 一人当たり10ウォーカーぐらい倒せば 結構いけるんじゃないかって感じですよね?

しかも過去に色々ウォーカーの仕掛けを作ってきた子供たちだっているから 心強いはずなのに、 いきなりみんな弱くなっちゃってがっかりです

しかもドワイトも自分だけどこかに行くとか、 意味分からないです

そんなにも自分たちの基地を作りたければ別に以前登場したモールだっていいんじゃないかって思うんですけど?

しかもこの町の周りには何もないと言うし、 それで人助けを続けるつもりだったんでしょうか?

なんだかもうわからないことだらけでどうにかしてほしいです。

 心が モヤモヤだらけです 苦笑

いや〜もう見終わって何とコメントしていいのか分からなくなってしまいました・・・

次回予告を見るとなんとか自分たちでできるって判断したぽいですけど、じゃあ何で始めからやらなかったの?って気もするし

結局敵のバージニアは自分で何かモーガンたちを追い込むようなことはほとんどせずに、モーガンたちの自業自得で終わっちゃいました。

これでいいんでしょうか?

脚本家さん達助けてください・・・・

えーと、次がこのシーズンの最終回なんですよね苦笑

どうやって終わるつもりなんでしょう?

私はものすごく不安です

シーズン6もあるんですけど

もっともっと不安です。。。。






【こちらの記事も読まれています】



ウォーキング・デッドを無料で見よう!

スマホやタブレットがあれば、動画配信サービスを使ってウォーキング・デッドを見るのをオススメします。
⇓⇓⇓

最大4ヶ月半「ウォーキング・デッド」全シリーズを無料で見る秘密の方法はこちら

8 件のコメント

  • こんにちは^^MAMIさん^^

    15話、観ました^^;私が一番恐れていた事が起きました。
    車・燃料の損失で徒歩での移動…最悪です。

    インタビュー方式の感じ、いい加減やめて欲しいのが本音です。
    ドキュメンタリードラマっぽくしていますが、全然良さが伝わらないです。

    トラックのキャラバン隊が何故、橋の途中で車を止めるのか?
    橋の重量制限って頭に無かったのでしょうか?
    一番後ろの車にさがる指示を出せばタンクローリーも
    川に落ちないで済んだのに…。

    本家の橋も、フィアーの橋も1本しか使えないって設定がクソ過ぎます。

    数キロ先に使える橋くらいあると思うのですが、いつも その橋に拘る精神が
    理解不能です。遠回りしてでも安全な橋を見つける方が賢明なのに…
    大型車数台保有している自覚が無さ過ぎなんです。
    人助けより、そっち優先だろうと思います。
    ワザワザ危険な橋を選ぶ御一行に苛立ちですね。

    石油精製所で満タンに近い状態で出て行ったハズではなかったのか?
    何故、いつもガス欠に見舞われるの?それに近い不足気味なの?
    馬鹿なの?って思いますね…><;どんだけ無駄に使用しているの?

    私なら橋が壊れそうだった場合、橋の手前で車を止めて軽い乗用車から
    順番に渡らせますね。大型車だけ別ルートで遠回りしてでも
    安全に渡れるルートに行かせます。
    荷物は出来るだけ乗用車に分け・燃料も最低限確保して車は手放さないです。

    最初に何台か橋を渡っていますよね?橋前方に渡ったトラックの後ろ姿が
    見えましたが…あれの箱荷台に全員乗れそうなんですが何で乗らないのか
    不思議です。SWAT車も無事でしたよね。
    戻って移動出来る車を確保する気は無いのかな?

    ビデオカメラ撮影者が2~3人も要らないのに
    呑気に撮影しているなら車の移動・荷物移動に専念していればと考えると
    残念で仕方ないですね。トムは無駄死にです。

    前半、あれだけ別々に行動してたのに後半になって
    一緒に行動しないといけない?訳分からないです。
    確実に…安全に…と心掛ける考えがなく安易で楽観的過ぎなんです。

    毎回思うのです。途中の無駄話を無くせば良いだけの事なんです。
    ローガンは不要人物で初めからバージニア達だけで
    話を進めれば良かったのにローガンを噛ませるからダメだったのです。
    人助けを一緒にやろうと提案?共に生きようとしながら
    実はバージニアの本性を知って対立の方が無理がなかったと思います。

    無駄にローガンを挟むからバージニアって言われる程、悪い?と思うし
    トムやその妹が何故逃げて殺される思いをしたか?がイマイチ伝わらない
    ローガンの時もバージニアも、どれも中途半端に出て来るから
    あれ?これって…???ってなりますし良い事をしているのに
    全然、意味の無い事になっちゃうし…脚本家が無能なのか?って思いますね。

    毎回、15~16話が急展開な話になり説明不足のまま最終話になり
    無理な設定になるのが不思議で仕方ないですw

    そもそも仲間が大怪我をした時(ルシアナが飛行機墜落時)
    グレースが被ばく?癌?でグッタリ坊や&
    車いすのオッさんや子供達がいるグループなのに仲間の安全確保より
    無意味な人助けに夢中なモーモーのリーダー的気質に問題があります。

    ゾンビが、そこら辺にウヨウヨしている世界で、安全第一に考え
    仲間を優先しないで行動ばかりするから、こんな目に遭うのです。

    何故、ガソリンを満タンに出来た時点で安全に移動出来るルートを
    模索しなかったのか?テキサスの道って1本道ばかりなのか?疑問です。

    バージニアの居住区に侵入した時に大きな地図があっても気にしない、
    縄張りを避けて移動する気もなさそうだし…。何がしたいのでしょうかね?
    他にも地図くらい有りそうですが、模索しないで行き当たりばったり感で
    救い様のない人達ですよ。

    具合の悪いグレース、車いすのオッサン、子供達と一緒なら車を捨てて
    歩いて行くリスクがどんなに危険か?誰一人考えない・言わない
    お馬鹿さん集団です。
    リュックを背負い、両手に荷物・武器で大群ゾンビに襲われたら?
    逃げるに逃げれない人も出て来るし…犠牲者も確実に出ますよね。

    あれだけ資源豊富だったのに一気に地獄落ちしたモーモー御一行に
    呆れるばかりです。

    オアシスだと思った目的地がゾンビの大群だった…。
    全てモーモー御一行の行動が裏目に出て観ているこっちが悲しくなりますね。
    バージニアに助けを求め?
    SWAT車で突っ込んで撃ち殺せば良いだけじゃん!って思うのは私だけ?

    自分たちが、そもそも無駄な人助けなんかしなければバージニアの助けは不要
    だったのに考えられない大馬鹿揃いで言葉も出ません。
    ドワイトの助言は無視…可哀想。

    どうして?10話に出てきた綺麗で設備もあったモールを使わなかったのか?
    ローガンも死んで邪魔されないのだから安全でしばらく暮らせるのに…
    もうこんなクソドラマ他にはないですよw
    何故、ドワイトかグレースは言わないのか?「モールが使えるじゃん」って…

    16話の予告で無理してゾンビ軍団と戦う羽目になって…馬鹿としか
    言いようがないですよね…。
    戻って橋の近くに居たゾンビを倒した方が数は少ないから良いのに…。

    そしてルシアナ…シーズン3で勝手に一人で居なくなり誰からも
    心配される事もなく、今回も一人採掘場に残り仲間としての心配も
    されないまま最終話に向かいますが、バージニアを裏切り犠牲になりそうで…。

    フィアーは仲間意識が低いせいか、一人一人がどうでもよくなっていますよね。
    死んでも全然悲しくないし、何かこの感情になるのは寂しいですね。
    もう、モーモーが死んでも悲しくないですw

    また、16話くらいに お邪魔しますね^^

    • モモンガさん、こんにちは!

      ほんと!モモンガさんのお怒りに大賛成です!!
      これもうどうしようもない方向へ進んでいってしまいましたね・・・・

      いったいこのドラマは何処へ向かっているのでしょうかね?

      知りたくもなくなってきた 気持ちも出てきて なんだかすごく残念なんですけど・・・・

      私の感想とモモンガさんの感想と全く一緒であのモールを使えばよかったのになんで一切無視してるんでしょうかね?

      しかも全員で一気にトラックに乗って移動せずに、 実際に本当に住めるところかどうか視察に行くグループを作って小さい車で移動する方が良いと思うんですけど・・・

      私もモーガン達は本当に馬鹿なのか?とマジで思いました

      だってあのガソリンタンクのトラックってガソリンスタンドのすべての ガソリンを供給できるくらいの量がありますよね?

      ひょっとしたら一個の ガソリンスタンド所じゃなくてもっとたくさんの ガソリンスタンドを補給できるくらいの量があるんじゃないかと思うくらいアメリカのタンクは大きいですよ・・・

      それなのに何も計画しなくて 子供も病人も連れて目的地がどんな状況か知らないのに 一発屋で行こうとする方がおかしいですよね

      私もなんだか脚本家が何を考えているのかわからなくなってきました

      というよりもこんな話を作ってしまう脚本家に大金を使っているんだなぁと思うと視聴者として腹が立ちますね

      今シーズン5だし、 見てる人の中ではシーズン1からずっと 見守るように見てきてくれてる人もたくさんいると思うんですよ。 その人たちの期待を次々に裏切ってクソ話にしていくフィアーザウォーキングデッドが信じられません・・・

      私も今回はマジで怒りに溢れちゃいました

      モモンガさんの怒りがとてもよくわかります

      製作者の方たちは本当にこの話がどん底まで落ちていってることに気がついているんでしょうか?

      もっとまともなドラマ制作をしてほしいものですね・・・・・

      シーズン5は何とかなるかなと、希望を持っていたわけではないんですが、やっぱり希望を持ちたいという気持ちがたくさんあって、ここまで見てきてるんですけれども、 なんかもう シーズン6話の 期待値がマイナス 75ぐらいまで行っちゃいましたよ苦笑

      本当に来週が最終回なんですけど、もう早く終わってくれとしか思わなくなってきました。 視聴者の時間を返して欲しいですね・・・・

  • こんにちは^^MAMIさん^^

    フィアーに対して私より寛大な心で観ているMAMIさんが
    流石にお怒りモードになるフィアーって…相当ヤバいですね><;

    最終話目前なのに、この内容で終わらそうとする
    フィアーに不満だらけです。

    現実的に考えるなら、今居る人数とあらゆる物の在庫数を確認して
    何が不足しているとか?何が必要とか?を考えると思うのです。

    何日分の食料で燃料はどの位あって何キロ(マイル)移動出来てとか
    何をすべきかを考えて、それぞれが行動すると思うのです。

    それと同時にキャンプ地とか安全に住めるエリアを探すと思うのですが
    無線やビデオのバッテリーだって無限に使えるハズはないのですから…。

    それを誰一人、確認しようとしない…生死の係わる問題でもあるのに…。
    物資は無限に出て来るハズがないのにと思うのです。。

    生きていく上で基本的に重要なのが衣(居)・食・住(銃)ですよ!
    ※アポカリプスの世界なら()が妥当だと思います。

    そこから余裕が出てきて、初めて人助けをしてみないか?って
    本来はなるハズなのに、モーモー達は基地(居住区)を持たないで
    食料だけの中途半端な人助けなんですよね。(ある意味ジプシーですよ)

    つまりモーモー達の人助けは、その場しのぎに過ぎないのです。
    助けた人は仲間に入れて…ってどんどん生活水準下がると思うのですが
    その辺はお構いなしの考えなんですよね…^^:
    バージニアの方は居住区があり、そこへ行けば生きていけるのです。

    本来の人助けとは、その場も大事ですが
    その後のケアーも大切だと思うのです。
    中途半端なら助けない方が良いと思う反面、
    デリケートな感じで難しい内容なんですよね。

    「今日より明日…」(今より先の未来)
    このセリフは北斗の拳 第2話にも出てきます。
    今、空腹で辛いけど種籾を食べないで植えて育てればそれ以上に収穫出来
    より良い状態になる…先を考えないで今が良ければ良いのではない。

    バージニアの方は先を考えての人助けで、より良い世界にする為に…。
    モーモーの方は今すぐ助けが必要な人だけを助けたい。

    バージニアは役にたたない人は殺害?(働かざる者食うべからず主義?)
    モーモーは多少の犠牲は仕方ないけど人助け優先…(仲間のルシアナ放置)

    本家の王国でもキャロルが最初に着いた時(怪我して)、貢献さえすれば
    (働いてもらう)条件で受け入れられたので、働く事は絶対条件のハズです。
    働かない者は追放or殺害の違いでしょうか…。

    ヒルトップも同じ条件だしアレクサンドリアだってディアナが
    職に就いてもらうのが居住条件だと言っていました。

    それを考えてみるとバージニアの言っている事、やっている事の方が
    まだ、真面で生きる為の未来が見える様な気もします。

    ぶっちゃけ人助けなんて、ゾンビ・ドラマでどうでも良いですが…。

    自分たちがちゃんとした生活が出来て資源にも気持ち的にも
    余裕があるなら人助けでもいいでしょうけど、
    行き当たりったりの状態で常にガス欠に見舞われる集団ですよ。

    この内容を見て楽しみにしている視聴者はいるのでしょうか?
    クソみたいな人助けばかりして、何がオモロイのか?
    私たちが観たいのはゾンビ・サバイバルなんですよ!

    ドワイトはかつてニーガンの中で苦悩しました。
    多分、バージニアに同じ匂いを感じたのでしょう…。
    モーモーがドワイトの気持ちを察していれば(本家出身同士)
    バージニアに救助要請しなかったと思うと残念です。
    敵対視してたのにプライドもないのでしょうか…。

    この感じでシーズン5からシーズン6に向かうなら
    私は新たに提案したいです!

    せっかくテキサス州に居るならヒューストンまで行き
    シャトルか、ロケットに乗って宇宙に行けば良いですw
    宇宙ステーションに逃げるのです。沢山食料持って…。

    確か、フィアーのS3 ep8 でアビゲイル号にて
    宇宙船ソユーズの宇宙飛行士パシリー・ワシェンコ氏と
    ストランドは無線で会話しているので
    ある意味、無理な設定でもなさそうな気もします。
    ストランド提案で宇宙へ行くのです!

    多人数ではなく少人数、地球組と宇宙組に別れます。
    地球組から宇宙組に物資を送り続けるのです。
    ロケット燃料はルシアナ担当。ロケット操縦はアルシアです。

    シーズン6は宇宙に向けての行動
    1~8話:宇宙に行くまで編 9~16話:宇宙は辛かった編(宇宙飛行士ゾンビ)

    シーズン7は地球へ帰還する
    1~8話:宇宙基地からの脱出編 9~16話:地球へ帰還する為の準備or帰還編

    なんなら、宇宙ので新種ゾンビ化して地球に持ち帰る?とか
    頭を撃抜いても死なないゾンビとかでも…良いかもです。

    シーズン8は、ついに本家に合流する
    全てやってみたけどダメだったので本家に行こう!ってなる。

    この内容もくだらないですが、クソみたいな人助けより
    少しは面白くなるのかな?っと思ったりもします。

    15話の内容も酷すぎるので怒りが消化出来ないで困っていますw
    度々、お邪魔してすみませんでした m(_ _)m

    • モモンガさん、こんにちは!

      いやー今回ばっかりは本当にがっかりしちゃったんですよ〜

      これが12話とか13話とかだったらまだ我慢できるというものの、
      最終回を目前にした15話がこれかと思ったら
      今まで頑張って観てきた 努力?
      が全て無駄になったような気がして怒りが湧いてきちゃいました 苦笑

      あれから他のYouTuber さんたちも
      どう思ってるのかなーと思ってチェックしてみたら
      やっぱり皆さん怒ってましたね 笑

      ドラマっていうのは私たちが普段想像できないような展開を起こしてくれて
      感動しさせてくれるものなんですけど、
      この Fear の場合は 自分達の方がよっぽどマシなシナリオを作れるんじゃないかって
      議論しちゃいたくなるような展開ばっかりが続くんですよね・・・

      しかも本当にモモンガさんのおっしゃる通り、
      人助けってこの世界で何を言ってるんだと思っちゃいますよね?

      生ぬるいところか 何年もかけてサバイバルしてきた人たちが どんどん弱くなっているし、
      今までどうやって生きてきたんだってツッコミ入れたいくらいです。

      私もバージニアのやってる事の方が真っ当だと思っちゃいました。

      実はちょっと前のトーキングデッドで 視聴者に質問があるかどうかって聞いた時に、
      フィアーの監督はいつ解雇されるんだという質問ばっかりされて出演者も困っていたようです

      さらに 15話はもっとひどかったので シーズン6が本当に
      視聴者いなくなるんじゃないかと思うぐらいの勢いですよね汗

      これは何か制作者が対策をしないとかなり危険です。

      モモンガさんのアイデアとても面白く読ませていただきました。

      モモンガさんが脚本家だったらよかったのに・・・・

      次回本当に盛り返すのかここまできたらもう絶望的ですけど、
      ここまで見てきたのでしょうがなくてみるっていう感じになっちゃいましたね。。

      これで次回本当に絶望的だったらシーズン6見ようかどうか本当に悩みます。

  • 最近は、コメントを書くのも億劫になってきました^^;
    まみんぼさんも、記事を書くの、大変そうですね ^^;

    • ゆうすけさん、こんにちは!

      わかります?苦笑
      フィアーの日がくるのが楽しみじゃなくなってしまってきて
      「またか〜どどどん」という気持ちにさえ最近なります。

      特に15話はひどい。
      今まではくだらなくてもそれなりに面白い内容もあったんですが、
      15話はどの展開もイライラしながら翻訳してました汗

      私は元々フィアーは結構すきだったので
      ここまで転落するとがっかりです。
      16話はせめてマシにしてほしいですね〜

  • こんにちは^^MAMIさん^^

    16話の最終話、観ました^^;
    何だかな~ってなりました><;
    MAMIさんの更新を待って、改めてお邪魔しますね^^

    • 私も観ました^^
      なんだかな〜ですよね苦笑
      また詳しいことは記事を書いたあとに!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください