レビュー

ウォーキングデッド・シーズン4第11話あらすじとネタバレ

邦題「危険なよそ者」 原題「CLAIMED」アメリカでの評価 8.3/10

ネタバレ満載しているのでご注意ください。

前回はグレンが体力が尽きて意識を失ってしまい、そこへ現れたトラックから3人が出てきた所で終わりました。
10話の詳細はこちらへ

あらすじ

タラは意識を失ったグレンと一緒にトラックの荷台に乗っていた。

そして、トラックは大量の車がぶつかった後のような状態の数々の車を発見し、停まる。

エイブラハムはタラに銃は使わないようにと言い、自らタイヤレンチでウォーカーを始末し始める。

タラはエイブラハムに「あんたが笑っているの初めて見たわ」という

エイブラハム:「そうだな、俺は世界で一番幸運な奴さ」

ーーーーー

ミショーンとカールは朝食のシリアルを食べていた。

2人楽しく冗談を言いながら話している。

リックはミショーンたちと一緒に食料調達に出かけるというが、ミショーンはこれを拒否。

リックはもう少し休んだほうがいいと説得する。

午後には帰ると言い、出かけるミショーンとカール。

リックはカールが何か怒っているように見え、心配するが、カールは「お腹が減っているだけだよ」とそれを交わす。

1件目の家の捜査が終わった後、まだ暗い顔をしたカールをなんとか元気づけようと

ミショーンはチーズのスプレーを口に入れて、ウォーカーのモノマネをする。

しかし、カールは一向に笑おうとしない。

2件目の捜査を開始した後、ミショーンは自分に子供がいた事を告白する。

その子供は3歳だった。

カールはミショーンの事をもっと知りたくて、質問攻撃をするが、ミショーンはそれに対して条件をつける。

「質問は1問ずつ。1部屋ごとに1つ。部屋を片付けた後だけね。」

ーーーーー

リックは2階のベッドで寝ていたが、何者かが下で喧嘩している声で目が覚める。

一人の男がもう一人に向かって「臆病者めが」と言い、殺してしまう。

そして誰かが階段を登ってくる。

慌ててベッドの下に隠れるリック。

階段を登ってきた男はリックのいたベッドにのっかり寝てしまう。

ーーーーー

ミショーンとカールは家の探索を続けていた。

カールの質問によってミショーンは自分の子供の名前はアンドレ・アンソニーだということを明らかにする。

ミショーンは子供部屋に5人の家族が集団自殺しているのを見つける。

ミショーンは部屋の外にでてすぐにドアを閉め、「死んだ動物がいるから見ないほうがいい」

とカールには中を見ないように気遣った。

カールはその嘘に気づいたようだったが、別に気に留めはしなかった。

カール:「きっとアンドレとジュディスはどこかで一緒にいるよ」

ーーーーー

リックはまだベッドの下に隠れていた。

もう一人の男がやってきて、寝ている男を起こす。

ベッドの奪い合いになり、一人が床に倒される。

そして一瞬リックの方を見る。

その瞬間リックはその男の首を締め、気絶させた。

ーーーーー

エイブラハムのトラックの荷台に乗っていたグレンは目を覚ました。

グレンはすぐにバスに戻ろうとするが、タラが「バスはもう3時間くらい前に通過した」事や、

「バスの人たちは全滅していた」など、話すのだが、運転しているエイブラハムに向かって

「止めろ」と叫び、トラックをとめる。

歩いて来た道を戻ろうとするグレンに、エイブラハムは自分たちを紹介する。

「こちらのユージン様は科学者で、事の始まりの原因を知っている。我々の任務は彼をワシントンDCへ連れていくことなのだ」

エイブラハムはグレンに「君の妻とはもう会えないから、俺達と来たほうがいい」

というので、グレンはこれに対して怒り、エイブラハムを殴る。そして二人は殴り合いを始める。

そんな中、ユージンはウォーカーがこちらにやってくるのを発見する。

ユージンはデタラメに縦断を撃つが、全く当たらず、しかも弾がトラックガソリンタンクに当たってしまう。

これに気づいたメンバーはウォーカーを次々と倒していく。

ーーーーー

リックは男がベッドでいびきをかいているうちに、ベッド下から出る。

下では男が「女がここに住んでいるぞ!」と興奮している。

どうやらミショーンの荷物を発見したようだ。

リックはトイレへ逃げ込むが、そこには一人の男がいた。

慌ててリックはその男の首を締め殺す。

リックはトイレのドアを開けたままにし、男が持っていた銃を奪い、窓の外から脱出した。

ーーーーー

エイブラハムはガスタンクがユージンの銃弾によってやられてしまったトラックをなんとか修理しようとしていた。

しかし、グレンはタラと共に、マギーを探しにバスへ向かうと言い、去っていく。

ユージンは「一緒に行動した方がいい」

とエイブラハムを説得し、エイブラハムはしぶしぶグレンについていくことにした。

ーーーーー

リックは家の外で隠れていたが、ミショーンたちの声を聞き、ポーチにいる男たちを始末しようとするが、

家の中で叫び声がする。

トイレでリックに殺された男が、ウォーカー化して、他の連中を襲い始めたのだった。

ポーチにいたリーダーの男は家の中へ入っていく。

リックはその隙にミショーンとカールに駆け寄り、家の中へ入ってはいけない、と忠告する。

三人は家の周辺から逃げ出し、線路沿いに歩いていたが、ある標識をみて立ち止まる。

そこには

「聖域、共同体、生き残った者が集まる場所、終着駅」

と書かれてあった。

>>>>>続く

まとめ

  • ミショーンが一人の子供がいた事を話す。
  • ミショーンの子供の名前は「アンドレ・アンソニー」
  • リックが寝ていると男グループが家に入ってくる
  • 男たちは誰かがこの家に住んでいることに気づく
  • 男のグループは気性が荒いようだ
  • トイレに逃げ込んだリックはそこに居た男を絞め殺す
  • グレンが目を覚まし、エイブラハムたちと出会う
  • エイブラハムのトラックがユージンが撃った銃弾によって壊れてしまう
  • グレンとタラはマギーを探しにでかけ、エイブラハムたちもそれに続いた
  • リックたちが線路上を歩いていると、「終着駅」への標識をみつける

新キャラ

じょー とにー るー れん

没キャラ

るー

感想

リックのシーンがヒヤヒヤしました!

ベッドの下からずっと出られないのかと思ってしまった。

この男グループたち、ちょっとやばそうですね。なんかギャングみたいです。

しかもベッドの取り合いでけんかって、他にベッドなかったんですかね。。。。

なんとか脱出できたリックですが、私はミショーンたちが戻ってきて彼らと戦うのかと思いましたが、違いましたね。

それにしても、ミショーン面白すぎw

チーズのお菓子でゾンビのまね。ヤバすぎwww

ミショーンの過去も少しずつ明らかになってホッとしています。

それにしても「終着駅」ってどんな所なのでしょうかね?良い所だといいのですが。。。
10話はこちらへ      12話はこちらへ

フィアー・ザ・ウォーキングデッド462便12話ネタバレとあらすじ

フィアー・ウォーキング・デッドのスピンオフ外伝版です。

flight

とうとう12話まで来ました!そろそろ何か起こって欲しいですよね(笑)

11話の詳細はこちらでどうぞ

前回までの流れは、ウォーカー化したマーカスをトイレに閉じ込めるところまで行きました。

そして、フライトアテンダントさんがウォーカーによって怪我をしてしまいました。

このスピンオフで生き残った生存者一人がフィアー・ウォーキング・デッド本編へと登場することが決まっています。

さて誰になるんでしょう!

第12話

**和訳は管理人のMAMIがしています。日本で放送されるのと異なることがあります。



男の声:「席に座ってください」

ウォーカー化したマーカスの妻は依然としてトイレのドアの前に座っていた。

マーカスの妻:「もう何も聞こえないわ。マーカス?」

そしてドアの取っ手に手をやる

アジア系の女の子:「ドアを開けちゃだめ!」

と、マーカスの妻へと突っ込む

マーカスの妻:「彼は死にかけているのよ!」

アジア系の女の子:「彼はもう死んでるのよ!」

マーカスの妻はドアを開ける

妻に襲いかかるウォーカー(マーカス)

マーカスの妻はマーカスにかぶりつかれる。

連邦保安官の男が銃をウォーカーに向かって撃つ

振り向くウォーカー(マーカス)

そしてウォーカーは連邦保安官の男に向かって歩いてくる

連邦保安官の男:「みんな、後ろに下がってろ!」

と何発かウォーカーへ向かって撃つが、ウォーカーはそのまま男に向かって歩いてくる

そしてついに連邦保安官の男はウォーカーに押し倒されてしまう

なんとかウォーカーを押しのけようと必死にウォーカーの顔をつかむ男

アジア系の女の子:「頭を撃つのよ!」

連邦保安官の男はなんとかウォーカーの頭に向かって銃を構えるが、銃弾は切れてしまっていた

>>>>>続く

没キャラ

マーカスの妻

感想

ここでまた犠牲者が出ましたね。

マーカスの妻は、まぁしょうがないですよね。ウィルスだと思っているのだから、まだ生きていると思っているわけで。

この時点では、ウォーカー化した人間が人間を食べるというのは知られていないのでしょうか?

驚いた点はですね、この連邦保安官の人が銃を持っていたことです。

いや、連邦保安官とはいえ、いいんですか?いいのだとしたら、それもそれで怖いですよね。

連邦保安官さんがこんなところで死んでしまったら大変な事になりそうなので、なんとなく彼はこの後生き延びそうな気もしないでもないですが、

それよりも気になるのはマーカスの妻がウォーカー化して他の人に襲いかからないかということです。

保安官さんがあの状態で妻ウォーカーが襲いかかったら結構やばい状態ですよね。

次回はまた新しい展開がありそうですね!

ウォーキング・デッドシーズン6後半の11話ネタバレとあらすじ一部画像あり

邦題「未知なる世界」 原題「Knots Untie」 アメリカでの評価 8.6/10

前回「ジーザス」を「神野郎」と訳していた私ですが、どうやらそのまま「ジーザス」で使われているようなので、これからは「ジーザス」で行きます。

ミショーンとリックがびっくりな事になっていた前回!そしてなんと二人のセクシーな後ろ姿(笑)とジーザスの会話が始まるところで終わりましたね!第10話はこちら

HILCOP

**こちらはアメリカ在住のこのサイトの管理人MAMIによる和訳です。なので日本での翻訳とは違っていることもあると思います。

(ケーブルないのでいつも朝の3時まで起きて頑張って見ています^^)

あらすじ(ほとんど詳細)

エイブラハムはサシャと共にパトロールしていた。

エイブラハムはサシャに好意を抱くが、サシャはユージンとシフトを交換したからエイブラハムとはもう一緒にパトロールしないと言う。

残念そうにため息をつくエイブラハム。

ーーーーー

エイブラハムはロシータとベッドに横たわる。ロシータはエイブラハムにトラックのブレーキライトから作ったネックレスをあげる。

ロシータがシャワーを浴びている途中、エイブラハムはサシャのことを思うのだった。

その夜、マギーはアレクサンドリアのガーデンから収穫が出来るまでは当分先で、食糧不足の不安を感じていた。

心配するマギーに、大丈夫だ、と励ますグレン。

グレンとマギーはデニースとエイブラハムがタウンハウスの地下に急いで行くのを見る。

ーーーーー

リックの家ではジーザスがリックとミショーンが服を着終えるのを待っていた。

カールはジーザスがいる事を発見し、ジーザスの頭に銃を向ける。

リックとミショーンは集まってきた仲間に、ジーザスは「話がしたいだけなんだ」と説明する。

ジーザスはみんなに

「はじめは君たちは危険な人たちだと思ったけど、いい人だとわかったよ。俺の仲間は畑を耕していて、収穫もある。俺の役目は他の人間との取引先を見つける事なんだ。」

「俺の仲間はヒルトップにいるから連れてってくれれば本当の事だって証明できる。」

と言う。

ーーーーー

ダリルがヒルトップへ行くためのキャンプカーの準備をしていたら、デニースが手作りのオートクッキー食べて、と持ってきた。

しぶしぶ受け取るダリル。

「食べたら美味しいんだろうけどさ、見た目クソみたいだな」

ーーーーー

リックはカールにミショーンとのことはつい昨夜起こったことで、ちゃんと説明しようとしていたんだ、という。

カールはリックに、ミショーンとの関係は認めるが、自分はアレクサンドリアを守るために残る、と言う。

そして、ダリル、マギー、リック、ミショーン、グレン、エイブラハムがジーザスが一緒にキャンプカーへ乗り込みヒルトップへ向かう。

ヒルトップへの道中、エイブラハムがグレンにマギーの妊娠について聞く。

エイブラハムはこんな世の中に新しい命が誕生するのはなんとも言えない気持ちだと言い、

グレンは「僕たちはこの世界に何かを作り出しているんだ」と希望を持とうとしている。

リックは転倒している車に近づくと、走行速度を落とす。

「どうやらついさっき起こったみたいだ」

ジーザスはこの車はヒルトップの仲間の車だと言う

ダリルは足跡をたどり、近くの建物まで行く。

マギーはリックたちが中を調べている間にジーザスを見張る役を担当。

他のメンバーは建物へと進入する。

リックたちは4人のジーザスの仲間を見つけ、建物から助けだす。そしてその1人は怪我をしていた。

リック一行は加わった4人と共にヒルトップを更に目指す。

ジーザスの仲間のハーランという男が自分は医者であることを名乗る。

グレンが妊婦のビタミン剤はないかと聞くと、ハーランは笑顔で以前は産婦人科医だったと言う。

「君たちはついてるよ!」

もう一人のジーザスの仲間であるフレディーがジーザスに「死ぬかと思ったときにウォーカー化した妻を見た」ことを言う。

しかし、キャンプカーは泥沼にハマってしまう。

一行はキャンプカーから降りなければいけなくなる。

そんな時、ジーザスが巨大な壁を指して言う。

「あれがヒルトップだよ」

ジーザスはみんなをゲートまで連れて行く。

が、ヒルトップの連中はなかなかリックたちを受け入れようとしない。

ジーザスと助けられた4人が説明し、リックたちを中へ入れる。

ジーザス:「君たちを信用するよ。武器はそのまま持ってきてもいい。だから俺達も信用して欲しいんだ」

ヒルトップはもうすでに銃は使いきってしまい持っていないという。

ゲートの中には大きな邸宅と畑があった。

この巨大な邸宅はもともとは歴史博物館だったらしい。

ジーザスは一行をコミュニティーのリーダーであるグレゴリーの元へと連れて行く。

グレゴリーは会うのはリックたちがシャワーを浴びて綺麗にしてからだ、と言う。

リックはこれに呆れ、マギーにグレゴリーと交渉するように頼む。

広間で待っている間、エイブラハムはダリルに聞く

「リックとミショーンはいつからああいう仲になったんだ?結婚して落ち着くってどう思うか?」

ダリルが答える

「そんな簡単にいくもんかよ」

エイブラハムはロシータがくれたネックレスをさわり、イジイジする。

マギーはグレゴリーと会い、交換条件の条件を話す。

グレゴリーは見下したような態度で、「アレクサンドリアにはほとんど何も残ってないみたいじゃないか」と言う。

「アレクサンドリアの住人がヒルトップで働くのはどうかね?君みたいな美しくて頭のいい女性は是非うちの仲間に歓迎だよ。」

マギーは拒否し、

「ヒルトップは銃装備や薬がないわ。私たちはお互いに助け合えるはずよ。」

と言うが、グレゴリーはそんな言葉は相手にしない。

ジーザスはリックとダリルにグレゴリーに平等な交渉が出来るようになんとか努力する、と言っていたその時、街の外で騒音がする。

「奴らが戻ってきた」

とヒルトップの住人がグレゴリーに伝える。

リックの一行とグレゴリーはヒルトップの外へ出ると、ニーガンの縄張りからヒルトップの仲間が帰ってきた所だった。

*****

戻ってきた者たちによると、ニーガンへ持って行った収穫物が「軽すぎる」という理由で2人が殺られてしまったと言う。

そしてもう一人の仲間であるクレゴリーがメッセージを伝えるまで人質にされているらしい。

グレゴリーがそのメッセージが何なのかと聞くと、

「すいません」

とイーサンは言い、グレゴリーの腹を刺す。

リックはイーサンを殴り出す。

戻ってきたヒルトップの連中にエイブラハムは首を締められ、エイブラハムはサシャの声を聞く。

ダリルがエイブラハムを助け、リックはナイフを突き付けられるが、一瞬をつきイーサンをやっつける。

ジーザスは怒り狂う住人たちにイーサンが殺害しようとしたことを説明する。

*****

上のシーンです(英語版)



 

ハーランはグレゴリーのそばに駆け寄る。

エイブラハムはしばらく地面に横たわっていたが、ダリルに「大丈夫だよ」と言い、立ち上がる。

地面にはロシータがくれたネックレスが落ちていたが、そのまま放置した。

ーーーーー

図書室で、ジーザスはニーガンの事を話す。

「ニーガンは「救世主」という名のグループのリーダーで、彼らはヒルトップを襲わない代わりにヒルトップの作物の半分を要求したんだ。」

「ヒルトップの壁が出来上がった直後に現れてね、16歳の少年を俺達の目の前で滅多打ちにして殺したんだ。」

「グレゴリーは俺だったらリーダーには選ばないけどね、でもこの街をここまで管理しているし、みんなは気に入って見るみたいだからね」

ダリル:「なんでやつらを倒さないんだ?」

ジーザス:「この街の人は武器があったってどうやって戦っていいかわからないような人たちなんだよ」

リック:「ニーガンの連中は何人くらいいるんだ?」

ジーザス:「わからない。でも大体20人くらいじゃないかと思ってる」

そこでダリルは「クレッグを救い出し、救世主グループを一掃するかわりに食物や薬を供給してほしい」と条件を出す。

ジーザスはこれをグレゴリーに伝えに行く。

その後、ジーザスが戻ってきて「グレゴリーはマギーと交渉がしたい」と言う。

ーーーーー
マギーがグレゴリーのところへ行く。

グレゴリーはベッドに横たわっていた。

「その交渉は同意してもいい。」

その時、マギーは自分ならもっと良い条件で交渉できるのじゃないかと思い、

「ニーガンは私達が止めなければもっとひどい要求をしてそのうちヒルトップを完全に使い物にならなくしてしまうわ。私たちは彼らを一掃できるわ。あなたが半分の食料をくれればね。」

グレゴリーはいやいやそうに拍手をし、

「ご立派。わかったよ」と同意する。

ーーーーー

リックの一行はヒルトップからの作物の調達をキャンプカーに入れた。

リックはニーガンとの連絡係だったアンディーにニーガンの元へと案内するように聞く。

ハーランはマギーのお腹を超音波でチェックする。

グレンとマギーは赤ん坊の映像と心臓の音を聞いて嬉しそうに微笑む。

リックの一行はヒルトップを後にする。

キャンプカーではグレンが超音波の子供の写真を嬉しそうに見ている。

写真は他のメンバーに次々とわたり一人一人確認していく。

エイブラハムはその写真をみてグレンに微笑みかける。

>>>>続く

新キャラ・没キャラ

新キャラ

Kal アンディー イーサン ウエスリー エデュアルド クリスタル グレゴリー ばーてぃー ハーレン フレディー

没キャラ

イーサン

まとめ・要点

  • エイブラハムがサーシャを好きになる
  • ロシータがエイブラハムに手作りのネックレスをあげる
  • カールがリックとミショーンとの仲を認める
  • ヒルトップへ行く前に4人のメンバーに出会う。その中には元産婦人科医がいた
  • ヒルトップへ着き、リーダーのグレゴリーに会う
  • グレゴリーはマギーの事を気に入る
  • ニーガンのグループ「救世主」に作物を運びに行ったヒルトップの仲間が戻ってくる
  • 2人は殺され、1人は人質にされ、残っていたメンバーのイーサンがグレゴリーを刺す
  • リックたちはニーガングループを一掃する代わりに作物の半分を提供することを要求し、グレゴリーが同意する

感想

今回は新しいキャラがいっぱい登場しました。そして新しい街、ヒルトップの登場です。

いろんな人がいろんな街を築いていてすごいな、と思った反面、なんだかやっぱり人間って複雑だなと思いますね。

結局ニーガンのような武力のグループが残る。そんな印象です。

このニーガン、そうとうの強者だとネットでもコミックでも言われていますが、TV版は漫画の原作とどこまで違う展開になるのでしょうね。

ここまでかなりキャラが違うことになっているので、サプライズの展開になるといいですね!良い意味でですが。

9話でかなりの悲劇にあったために、10話、11話はそれなりに?平和です。というか、これからどんどん状況が悪化していきそうですね。

今までだとやはりガバナー(総督)の悪のイメージが強くて、あれ以来の強敵にはまだ見ていませんが、ニーガンは総督よりも強敵そうですね。

というか、個人的に総督とニーガンの対決が見てみたかったような気もします。

あと、エイブラハムの恋の行方がダメ〜な感じになってきました(笑)なんか、怪しいですね。このままでいくと、エイブラハムかロシータのどちらかに死亡フラグがでそうな気がします。

ミショーンもリックと良い仲になってしまったので、この先どうなってしまうのか不安です。

ミショーンには生き残って欲しいなぁ。

フィアー・ザ・ウォーキングデッド外伝462便11話ネタバレと画像

<<前回10話までのあらすじ>>
フライト462便で、マーカスという男の様態がおかしくなり、しばらくトイレでじっとこもったままだったが、ドアを開けると彼の意識は無かった。

なんとか意識を取り戻そうと心臓マッサージをしたが、マーカスはウォーカー化してしまう。

ウォーカーのマーカスをトイレへ閉じ込めホッとした一同だったが、フライトアテンダントは腕にウォーカーにより怪我を負ってしまったことが発覚

このままではいけない。地上へ降りなければ!

しかし、地上ではすでにウォーカーのウィルスがあちらこちに広がっていた。

第11話

**MAMIの和訳なので、後々日本で放送される(ことになったら)和訳とは多少違うと思います。



男の子 (アジア系の女の子に)「なんで知ってたんだよ?」

と聞くが、彼女は何も答えない。

トイレの前ではウォーカーになってしまったマーカスの妻が諦めきれずにドアの前に座っている

乗客の男「もうあっちへ行きましょう」

マーカスの妻 「私の夫に会いたいの。。」

乗客の男「彼が良くなるまではダメだよ」

マーカスの妻 「だったらなんとかして」

アジア系の女の子 「どうにもなんないわよ」

マーカスの妻 「彼にせめて愛してるって言わせて」

と、ドアの取手に手をやる

男とアジア系の女の子は焦ってその手を止める

そのやりとりを見ながらフライトアテンダントは涙を流していた

マーカスの妻は依然とトイレのドアの前から動かない

そして呼びかけるのだった

「マーカス、私よ。。。愛してるわ」

アジア系の女の子は「使用中」と点灯された表示を眺めるのだった
続きを読む

フィアー・ザ・ウォーキングデッド462便9話10話ネタバレと画像

外伝9話と10話の画像の和訳をしました。

外伝8話では、マーカスがトイレにこもって出てこなかったので、無理やりドアを開けて出したところ、意識がなくなっており、心臓マッサージをしました。

そして、マーカスにはウォーカーに噛まれた跡がありました。

電気ショックをしたら、マーカスの目が開いて!!!

で、終わりました。

ウォーカーに噛まれているし、あの流れではウォーカー化したかな?という私の予想でしたが、さてどうなるでしょう!

第9話

**下の訳はMAMIがしているので、日本放送時の訳とは多少違いがでることもあります。



ウォーカー化したマーカスが人々に襲いかかろうする

女の人の声 「噛まれないように気をつけて!」

乗客の男がウォーカーを背後から掴む

乗客の男 「みんな、あっちへ行くんだ!」

トイレにウォーカーを入れる。

乗客の男 「ドアをしめろ!」

乗客の男はウォーカーと奮闘しながらも、なんとか閉じ込める

女の声 「鍵を閉めて」

そして、トイレをロック。

ほっとする一同

アジア系の女の子がふと自分の手首を見ると血がついていた

ウォーカーに傷つけられたのかと一瞬ヒヤリとするが、それはフライトアテンダントの血だった

フライトアテンダントは腕に怪我をしていた

>>>続く

 

***感想***

しばらく見てなかったので、いきなりマーカスのドアップから始まってドキッとしました(笑)。

やはりウォーカー化してしまいましたね!

そしてマーカスはまたトイレへ出戻りです。

でも、小さい飛行機だからトイレって何個あるのでしょうね?

このトイレしか無かったりして。。。。

それもやばいですよね。

気になるのはフライトアテンダントさんの傷です。あれはただの怪我なのでしょうか。それとも。。。。

第10話



フライトアテンダント 「ああ、やられたわ。。。」

彼女の傷はどうやらウォーカーにやられたようだ。

アジア系の女の子 (男に向かって)「彼女を縛って」

 「彼女の怪我の手当をしないと」

アジア系の女の子 「彼女を縛るのが先よ。手当はその後からよ」

「彼女も同じようになるわ」

 (フライトアテンダントに)「こっちに座って」

と治療をしようとしたとき、飛行機がいきなり大きく揺れる

アジア系の女の子 「とにかく地上へ降りないと」

といって受話器をフライトアテンダントに渡す

アジア系の女の子 「機長に言うのよ」

フライトアテンダント「フェニックスだけじゃないのよ。ウィルスはそこら中に広がっているわ。もうどこへも降りられる所なんてないの。」

>>>続く

***感想***

今までどれだけの人がウォーカーに認識があるかが疑問だったのですが、

どうやら、アジア系の女の子とフライトアテンダントは少なくともウォーカーの事は知っていたみたいですね。

フェニックスだけでなく、もうそこら中にウォーカーが広がっているみたいですね。

フィアー・ザ・ウォーキングデッドはウォーカーの始まりの話だと思ってたんですが、いや、実際そうはそうなんですが、

話の中で「アトランタの方はもっとひどい」と誰かが言っていた記憶があります。

ということは、結局ウォーキング・デッドの始まった頃と同じくらいだと思っていいのかな?と思います。

なんとなく、ひょっとしたら本編のウォーキング・デッドとフィアー・ザのメンバーが’出会うこともあり得るのじゃないかとさへ思えてきました。

この後一体どこへ飛行機は到着するのでしょうね?

ウォーキングデッド「シーズン4」10話あらすじやまとめ。新・没キャラ表示あり

邦題「生存者たち」 英題「INMATES」 アメリカでの評価 8.3/10

ネタバレ満載しているのでご注意ください。

前回9話の詳細はこちらへ

あらすじ

ベスとダリルは森をウォーカーを倒しながら駆け抜けていた。

その夜、ベスはダリルに足跡をたどってみんなを探すようにと言うが、ダリルは無言のままだった。

翌日、ベスとダリルは足跡を追跡していた。

するとウォーカーがベスを襲い掛かった。ダリルが助けに入り、ベスがナイフで止めを刺す。

その後ウォーカーが新しい肉を食べていた。そしてその脇に子供の靴を発見したベスは泣き崩れてしまう。

その夜ベスは刑務所に着いたばかりの時に書いた最後の日記で「誰も死んでいない。お父さんを信じるわ。」と書かれたページを燃やすのだった。

一方、ジュディスを抱いたタイリースはリジーとミカと共に行動していた。

りジーは丸太にいたウサギをナイフで切る。

そのウサギは後にダリルとべスが発見することになる。

タイリース達は悲鳴を聞き、タイリースは助けに行く。残されたリジーとミカだったが、ジュディスが泣き始めてしまう。

リジーはジュディスの鼻と口を手で覆い、息ができないようにする。

結局タイリースが助けようとした者たちはウォーカーにやられてしまう。

ウォーカーと戦い続けるタイリースを誰かが呼ぶ声がした。

それはキャロルだった。キャロルはりジー、ミカ、ジュディスと一緒にいた。

噛まれてしまった2人は「安全な場所」へ向かって線路をたどっていたのだと言う。

しばらくするとタイリースらは「生存者が集まる場所。終着駅」を見つける。

別の場所ではサシャ・マギー・ボブが共に行動していた。

マギーはバスのところへ行ってグレンを探すと言う。

サシャは乗り気ではなかったが、ボブもマギーに続いて行くので仕方なくそれに続く。

始めは一体ずつ始末していたが、ドアを押さえきれずに一気にウォーカーが出てくる。

それを必死に始末する3人。マギーはバスの中に入り全ての顔を確認するが、グレンの姿はなかった。

それに安堵したかのように泣くマギー。

一方刑務所のキャットウォークで目覚めるグレン。

下には大量のウォーカーが集まっていた。マギーの名を呼ぶが彼女はいない。

独房に戻って防護服を身につけ、大事なものたちをかばんにしまい、外にいるウォーカーの群れに立ち向かっていく。

すると、自ら檻に入り隠れていた放心状態のタラを見つける。

グレンはタラに一緒に逃げるよう説得。

グレンは他に誰か見たかと聞くが、リリーがウォーカーに囲まれ自殺したのしか見ていない、と言う。

タラはグレンに総督を信じていたが、老人を殺してしまった事を話す。

グレンはそれにショックを隠せないでいたが、マギーを探すために彼女の助けが必要だから一緒に来て欲しいと説得する。

グレンとタラはウォーカーを次々に倒していたが、まだ体が完全に完治していないグレンにはかなりの負担になり、気絶して倒れてしまう。

そこへ1台のトラックが止まった。

トラックからは男2人、女1人が出てきた。

タラが威嚇すると、軍人の格好をした男が言った。

「言葉の使い方に気をつけろよ」

>>>>続く

まとめ

  • ダリルとべスが一緒に行動している
  • ベスとダリルはまだそんなに仲が良くなく、すこしぎこちない
  • タイリースはリジー・ミカ・ジュディスと一緒に行動している
  • 泣くジュディスを黙らせようと窒息させようとするリジー
  • リジーはウサギを解剖していた
  • キャロルがタイリースたちと再会
  • サシャ、ボブ、マギーが共に行動している
  • グレンがタラに出会う
  • グレンが気絶してしまうが、その直後にトラックが現れる
  • マギーたちは2人の男、1人の女に出会う

新キャラ

eugine rosita abraham

没キャラ

lilly

感想

いやー、なんかいろいろありましたね、今回!

なんとなくRPGゲームをやっている気分になりました。

いろんな人がばらばらになって、そして再会する。

キャロルはやはり子供たちと深い縁がありますね。でも。。。やはりウサギをあんな姿にしていた本人はリジーでした。

なんだかリジーがだんだん怖くなっていきますね。ジュディスもキャロルが現れなかったらやばかったと思います。

私はあまりキャロル派ではないんですが、やはりキャロルは強い存在ですね。

チームには今ではいなくてはいけない存在になっていると思います。

それと今回はグレンの展開が面白かったですね!タラとグレンのコンビ。なかなかいいです。

そして新しく出会った3人はいい人なんでしょうか?それとも。。。。。

9話はこちらへ   11話はこちらへ

ウォーキングデッド「シーズン4」9話あらすじやまとめ。新・没キャラ表示あり

邦題 「そして独りに」 英題 「AFTER」 アメリカでの評価 8.2/10

ネタバレ満載なのでご注意ください!

あらすじでは詳しく知りたい人用、まとめやキャラ表示は見ただけでぱっと分かるようになっています。

あらすじ

多くのウォーカーたちが戦車の周りに集まり始めていたが、依然としてウォーカーはあちらこちに散らばっていた。

フェンスの向こうではミショーンが独りで戦っていた。

そしてミショーンはハーシェルの頭を見つけ、それに刀を刺し、葬る。そして優しく彼の頭をなでるのだった。

ミショーンは罠にひっかかっていた2体のウォーカーを以前つれていたウォーカーのようにあごの部分を切り取り、なわをつけて連行させた。

カールはリックを待とうとはせず、ずんずん先に進んでいく。

そして、バーベキューレストランだった場所にたどり着く。

そこには店の名前でもあるジョージュニアから書かれたメッセージがテーブルの上に置いてあった。

「おれができなかったことをやってくれ」

リックはカールに銃は使うなというが、リックが斧でウォーカーを倒そうとした際に苦戦したため、カールは銃を撃ってしまう。

その後二人は食料をかばんにいっぱい詰める。

ミショーンは泥道にカールとリックの足跡を見つけるが、それを追うことなく森へ入っていく。

リックとカールは空家を見つけ、そこに進入する。

リックがカールにお菓子を勧めてもカールは食べようとしない。

ミショーンはおしゃれなマンションのキッチンで料理をしていた。

そして、2人の男が楽しそうに彼女と会話をしている。

ボーイフレンドのマイクとその友達のテリーだった。

小さな男の子がミショーンの元にやって来て、ミショーンはその男の子を抱きかかえ幸せそうに微笑む。

ミショーンが2人の男たちに料理を運んでいったのだが、彼らの様子ががらりと変わる。

彼らの会話はどうやって生き伸びるかになり、そしてミショーンがふと見ると彼らの腕がなくなっていた。

ミショーンは叫びながら車のなかで目が覚めた。

カールはリックを起こそうとしたが、リックは目覚めず、何者かがドアを叩く音がしたので裏から出てそれがウォーカーであることを確認する。

2体のウォーカーを通りへおびき出すがもう1体のウォーカーが出てきてしまい悪戦苦闘する。

なんとか3体を銃で倒し、家へと戻る。

目を覚まさないリックにカールは自分の心の内を叫ぶ。

カールは総督が刑務所の場所を知っていたのに何もしなかったことや、リーダーなのに自分の妹や仲間を危険にさらせたことを責めていた。

カールは他の家をみつけ、独りで進入する。キッチンの棚の上にあったチョコレートプリンを見つける。

2階へ行って閉まっているドアを開けると、中からウォーカーが出てきてしまい、銃も弾が切れ悪戦苦闘する。

なんとか靴を脱いで振り切って窓の外でプリンを食べるカールだった。

ミショーンは森の中で自分とそっくりのウォーカーの幻覚を見て絶叫し、ペットにしていたウォーカーも含め周りのウォーカーを全て刀で切り落とす。

そしてリックとカールの足跡をたどる事にした。

夜リックはウォーカーのようなうめき声を上げ、カールに近づいてきた。カールは銃を構え撃とうとしたができなかった。

しかし、リックは生きており、「カール」と弱々しく声を絞って出すのだった。

その後気絶したリックにカールは、「怖かった」と告白した。

ミショーンはバーベキューレストランを見つけ、その後道端で空になったプリンの缶を見つける。

カールとリックが家の中にいるのをかぎ穴から確認したミショーンはうれし泣きした。

ドアをノックする音に反応したリックとカール。カールは銃を構え、リックは慎重にドアの外を伺うが、その瞬間笑顔で笑い転げる。

そしてカールに言う。

「おまえにお客さんだよ」

>>>続く

まとめ

  • ミショーンが単独行動をする際に幻覚で自分に似たウォーカーを見る
  • ミショーンは過去の事を思い出す。
  • ミショーンが初めて登場したときに連れていたウォーカーはボーイフレンドとその友達だった
  • ミショーンの子供が登場(過去の思い出で)
  • カールはリックについて腹を立てていた
  • カールは自分独りで探索するが、危険な目に何度か会い、自分だけではまだ無理だと理解する
  • 意識を失ったリックが突然起き、ウォーカーだと思ったカールは撃とうと思ったが、撃てなかった
  • ミショーンはカールとリックの足跡を見つけたが、始めは無視してわが道を行こうと考えたが、後に考え直しカールとリックの後を追った
  • ミショーン、リック、カールが再会した

新キャラ

なし

没キャラ

なし

感想

今回はミショーンとカールが主役でした。
カールも反抗期だし、リックに対して腹が立っていたのも分からないでもないです。

リックは刑務所編ではかなり保守的だったし、ハーシェルも喜ぶ提案はしたはしたのですが、子供にとってはもっと良い選択があったように見えるのでしょうね。

どっちにしろ総督とは悲惨な結果になっただろうから、それは避けられないように思えますけど。

それとミショーン!今までの容姿だと以前は貧乏だったのかな?とか思ってしまっていましたが、お金持ちのお嬢だったんですね!

あんなにかわいらしく笑っているミショーンを初めてみました。

ミショーンってイメージが全然ちがう!さすが役者さん!

と、ちょっとどうでもいいことに感動していましたが、今回はミショーンの過去が見れて良かったです。
謎に包まれていましたからね!

10話はこちらへ