【フィアーザウォーキングデッド│シーズン7】第10話のあらすじと感想!


こんにちは〜!Mamiです。

今回はフィアーのシーズン7後半2回目になります。

前回がプレミアにしてはちょっと勢いない感じだったので、ここらへんでもうすこし盛り上がっていきたいところですね。

それにしてもマディソン復活の噂が気になります。どのタイミングで出てくるのか・・まあ最後の方なんでしょうけど。

ということで前置きはこの辺にしていってみましょう!

フィアーのシーズン7を視聴するならここ!

アマゾンで全話を観ることが出来ます。
参照元:Amazon
→吹替版はこちら
→字幕版はこちら

まみんぼ
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド前半は8話で伏線回収されるので最後まで見ましょう
警告
ここから先はシーズン7第9話のネタバレになりますので、知りたくない方はご遠慮ください。また知りたくない人には内容を教えないようにお願いしますm(_ _)m


【フィアーTWD】シーズン7第10話あらすじ・ネタバレ内容(前半)

参照元:AMC

フィアーTWD7−10│アリ

瓶の中に閉じ込められた蝶を見つめている青年がいた。

その青年はハーワードと面接をしにきていた。

その青年の名前はアリという。15歳になったばかりだ。

アリはハワードに今すぐにレンジャーに参加したいと強く頼むが、ハワードはちゃんと証明できたらレンジャーに入れてやる、と言って蝶を採取する課題を出す。

フィアーTWD7−10│出会い

アリはしょうがなく蝶を採取しに出かけることにした。

ナイフでウォーカーを倒し、目的の帳を瓶の中へと入れる。

アリが瓶を持って自分の馬の方へと戻ろうとすると、何者かが馬の前にいる。

アリは銃を持ってその者にマスクを取るようにと要請する。

するとその少女はチャーリーだった。

チャーリーは自分の仲間と離れ離れになってしまったと話す。

フィアーTWD7−10│再会

すると向こうからハワードとジョンが現れる。

チャーリーはハワードの手下にとらえられ、連れて行かれる。

ハワードはアリにひょっとしたらレンジャーへ入隊が認められるかもしれない、と告げる。

フィアーTWD7−10│チャーリーの目的

チャーリーはハワードにビクターと話がしたいと言うが、ビクターは外出中でいないらしい。

ハワードはなぜここへ来たのか?と何かモーガンと関係があるのではないかと疑うが、チャーリーは自分はここに住みたいから自ら望んで来たのだ、と話す。

するとジュンから連絡が入り、ストランドが連れて行った部下の1人が放射線焼けをして重症になっていた。

ハワードは頼んだものを見つけたか?とその青年に聞くが、青年はウォーカーが多すぎて見つけられなかったと答える。

フィアーTWD7−10│交換条件

アリとチャーリーが話をしていると、屋上から誰かが悲鳴を上げて落ちていく。

それは先程の重症を負った青年だった。

アリたちが屋上へ行くと、そのガルシア青年は自ら屋上から飛び降りたのだと告げられる。


ガルシア青年たちはエレベーターが故障していたため、その部品を見つけに行っていたのだと言う。

すると、それを聞いたチャーリーが自分が自らその部品を取りに行くから、その代わりにここへ住ませてほしいと願い出る。

ハワードはチャーリーの申請を受け取り、アリに一緒に同行するようにと命じる。

チャーリーが去った後、ハワードはアリにチャーリーの本当の目的は何かを探るようにと命じた。

フィアーTWD7−10│ボウリング

チャーリーがいくつかの質問をアリにしてみるが、アリはチャーリーを信用していないので、答えようとしない。

チャーリーが蝶が短い命だったとしても生きるチャンスを与えてやるべきだと言っても、アリは自分はビクターに認めてもらいたいだけなのだ、と冷たく答える。

すると、向こうの方にストーカーたちの影が見える。

アリはまずは隠れてしばらく様子を見ることにした。

アリはこの周辺のことをよく知っているらしく、地面から隠してあった鍵を見つけて、建物の中へと入っていく。

するとそこはボウリング場だった。

チャーリーは中へ入ると、自分は今までボウリングを一度もしたことがないのだと告白する。

ストーカーたちはチャーリーたちがいる事には全く気づかずにどこかへ行ってしまう。

アリは以前この近所に住んでいたのだと告白する。

チャーリーは好奇心でボウリングのボールをレーンに投げてみるが、見事に外れてしまう。

チャーリーはアリにボウリングをやって見せてくれと頼み込む。

アリはしょうがなく、一度だけだと承知して、チャーリーにボールの持ち方を教えてやり、一緒にボールを投げる。

するとそのボールは見事にストライクに決まる。

こころなしか、アリが少しずつ優しい表情になっていた。

しかし、アリはもう行かなきゃ、とすぐに元の表情に戻り、ふと壁に貼られている写真を見つめる。

チャーリーが写真に書かれてあった名前のモハメッドは誰か?と聞くとアリは父だと答える。

アリの父は戦士だったが、爆発に巻き込まれて死んでしまったのだ、とアリは告白する。

目的地へ到着すると、チャーリーは自分は高いところから侵入するから大丈夫だ、と単独行動することにする。

そして階段を登ってビルの中へと入っていく。

しかしそれを見守るアリの背後から何者かが銃を突きつける。

まみんぼ
後半では再び悲劇が待っています。





【こちらの記事も読まれています】



ウォーキング・デッドを無料で見よう!

スマホやタブレットがあれば、動画配信サービスを使ってウォーキング・デッドを見るのをオススメします。
⇓⇓⇓

最大4ヶ月半「ウォーキング・デッド」全シリーズを無料で見る秘密の方法はこちら

2 件のコメント

  • チャーリーずいぶん大人っぽくなりましたね^^

    これで、チャーリーには死亡フラグが立ったわけですね。
    シーズン8までは生き残らないと予想。

    アリは、、、このエピソードだけの人なのはなんとなくわかりましたね。

    いやでも、ひとえに若いですね、アリの行動は、、、
    これが大人だったら、もっとしたたかにしていたのでは。

    ジョン父の目論みは、上手くいかないんだろうなと思います。
    最悪死亡するかと。

    ハワードに焦点あてたエピソード、ほしいですけど、
    尺的にもう、丸々1話使うは余裕はなさそう・・・。

    次回のタイトル「オフェリア」って、ダニエルに焦点あたるんでしょうねー。
    って、先週末観ましたが、シーズン7で一番面白かったです、11話。

    あと、フィアーになるとコメント書く方がほかにいなくなりますね^^;
    やっぱり観てる人少ないんだろうなー

    • うわ〜〜すいません、お返事遅くなりました!
      最近なんか仕事で疲れて家帰ってきて結構寝ちゃうパターンが多くて苦笑

      アリはわかりやすい没キャラでしたね笑
      私ももう11話みてるんですが、遅くてすいません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください