【ウォーキング・デッド】シーズン7原作とTVドラマの違いは?




最近(シーズン7)のウォーキング・デッドは

原作通りにほぼ進行しています。

ただ、多少違う所があるのでまとめてみました。

 

以前まではお墓のセクションのみで違いが分かる感じでしたが、

話の内容というか、段階で少しずつずらしてあるというのが

目立ってきたので、そういうところも今回は詳しく述べて行こうと思います。

 

それではいってみましょう〜

 

【ウォーキング・デッド】シーズン7原作とTVドラマの違いは?

それではシーズン7をクローズアップして違いを紹介します。

シーズン7第1話はコミックの第100話あたりから始まります。

 

ルシールの犠牲になったのは。。。

こちらは有名な話なのでもう知っている人は沢山いると思いますが

 

原作では グレン

TV版では エイブラハム、 グレン

 

でした。

ちなみに、原作ではすでにエイブラハムはこの時点で死亡しています。


ヒルトップに残ったのは。。

もうずーーっと前にTV版では居なくなってしまったソフィア。

(キャロルの娘ですね!)

原作ではまだ生きています。

 

原作ではソフィアはマギーと共にヒルトップに残ります。

TV版では

イーニッドがマギーと共に残ります。

 

それに加えて

サシャ

 

さて、この二人、原作には存在していません。

ただ、年齢的にも

ソフィア=イーニッド

という関係図でほぼ進行していると言えるでしょう。

 

サシャはマギーと同じく愛する人をルシールされてしまった、

という共通点からヒルトップに残った、と考えられます。

 

ドワイト ジーザス ダリル

ルシール事件の後、原作ではリックたちは

ヒルトップ

アレクサンドリア

へと向かいますが、すでにアレクサンドリアはニーガンから攻撃された後でした。

アレクサンドリアの住民は誰一人として怪我をしませんでしたが、

ここで

ドワイトが人質になっています。

 

しかし、リックは平和を維持したかったためにドワイトを釈放してやります。

そして内緒でドワイトの後をつけるようにとジーザスに頼みます。

 

こうしてジーザスはニーガンのアジトへたどり着きます。

しかし、 救世主メンバーがジーザスに気づきます。

そしてジーザスは手足を縄で縛られます。

 

しかし、ジーザスはその縄を解き、脱走します

 

TV版では原作がちょっとごっちゃになった形になりました。

恐らく

ジーザスの脱走=ダリルの脱走

という意味合いもあるのかな、と思います。

 

そしてジーザスは原作ではヒルトップからではなく、アレクサンドリアからニーガンの本拠地を訪れています

(原作ではカールもアレクサンドリアからの訪問でした)

 

ニーガンはパスタを作らなかった

TV版のニーガンはアレクサンドリアでパスタを作ってリックを待ちましたが、

原作ではカールが居なくなったと知り、リックはすぐにニーガンの元へと向かいます。

そして向かう途中でニーガンと遭遇。

ということで、ニーガンがパスタを作る余裕はありませんでした(笑)

 

海辺の女たち

オーシャンサイドと言われるグループは原作に存在しますが、

この時点ではリックたちとは特に関わりにはなりません。

もっと後の方でこのグループの存在が話に出てきます。

 

ドワイトの心変わりのタイミング

ドワイトは原作ではもうちょっと早い段階で心変わりをしています。

TV版=ドワイトはロジータと共にアレクサンドリアへ行く

原作=ドワイトは王国へ行く

 

テレビ版ではダリルが事実上ドワイトを信じてやることにしました。

しかし、原作ではダリルは存在しません。


誰がダリルを信用してやろうとしたか?

それは

エゼキエルでした。

ジーザスとリックはその場にいましたが、信用していいかどうか迷っていました。

 

ロジータの行動とルシール

このシーズンの中で一番興味深いな、と思ったひねりがこれでした。

ニーガンがリックが不在の間にアレクサンドリアに到着し、その後スペンサー事件が起こります。

ここまではほぼ原作とTVは同じです。

 

その後に、TVではロジータがニーガンに向かって撃ちます。

これとちょうど似たシ~ンが原作にあります。

それは

アンドレア(=ミショーン)がニーガンを塔から狙い、運転手が撃たれるというシ~ンです。

 

ここで大きな違いが生じます。

ロジータの撃った弾はルシールに当たりました。

しかし、ルシールは無事のままでした。

 

原作ではこの場面ではルシールは破壊されていませんが、

後にニーガンが再びアレクサンドリアを訪れ、

戦いの始まりのときに、カールがルシールを撃ち

ルシールが破壊されます。

裏切り者 ゴミ山キッズ

原作には「ゴミ山キッズ」は存在しません。

なので、全てのゴミ山キッズの話はTV版オリジナルです。

しかし、 リックたちを裏切った者の存在は原作に存在していました。

それは

KALです

この人
⇓⇓

 

KALはヒルトップの住民です。

王国とヒルトップが共同組合を計画しているときに

裏切ってヒルトップから出ていきました。

そして後々ニーガンにチクったのでした。

 

リック達が王国やヒルトップと仲間になるタイミング

リックたちと王国が仲間になるタイミングも違いました。

 

TV版= リックが王国へ行って仲間になってくれと頼む

原作= エゼキエルがヒルトップに話しかけ仲間になることに。 その後エゼキエルが煮え切らないリックを説得する。

 

テレビ版では煮えきらなかったエゼキエルが、原作では煮え切らないリックでしたw

なので、原作ではわざわざリチャードが試行錯誤したり、 ベンが犠牲になったりしていません。

 

ということから、

リチャードは原作ではここでは死にません。

 

ベンは原作にも登場しますが、全く違うタイプのキャラでした。

くわしくはお墓でも紹介していますのでチェック!

テレビでは何だかリチャードがいろいろ余計なお世話をしてくれました(笑)

 

サシャの最後と原作のホーリー

サシャの最後が原作のホーリーとある程度シンクロしています。

詳しくはこちら

で説明してあるので、ここでは割愛させていただきます。

ちなみにホーリーの原作での死はもうちょっとだけ後に登場しました。

 

ニーガンに再びルシールされそうになったメンバーは

先程、紹介しましたカールがルシールの一部分を破壊した後に

ニーガンは相当怒ります。

そしてまたアレクサンドリアのメンバーを並べます。

このときに原作で並べたのは

リック、 ニコラス、 ヒース、 ホーリー

TV版ではリックとカールのみでした。

 

ジーザスの名場面が。。。。

最終回ではニーガンがカールをルシールしようと振り上げます。

すると、

虎のシヴァが飛び込みます。

 

原作では

隠れていたジーザスが救世主メンバーの膝を掴み、その男を盾にします。

 

そして救世主たちはジーザスに向かって銃を撃ち始めます。

ニーガンはジーザスの要請により、銃を撃つのを辞めさせますが、

ジーザスは救世主たちに攻撃を始めます。

ニーガンが何とかしようとしますが、

ジーザスはルシールを掴み攻撃を防ぎます。

そして、

ニーガンを人質にとります。

 

ここで王国のシヴァが登場します。

そしてこの混乱により、

ニーガンはジーザスから逃れることが出来ます。

 

ということで、

完全にジーザスのカッコいいシ~ンがカットされてしまいました(涙)

ジーザスファンの私としてはちょっとガッカリです。

シヴァはステキでしたけどね〜!




【こちらの記事も読まれています】



ウォーキング・デッドを無料で見よう!

スマホやタブレットがあれば、動画配信サービスを使ってウォーキング・デッドを見るのをオススメします。
⇓⇓⇓

最大4ヶ月半「ウォーキング・デッド」全シリーズを無料で見る秘密の方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください