フィアーザウォーキングデッドシーズン2第1話ニックが見つけた物は?

  • LINEで送る

シーズン2が始まりましたね!

シーズン1は賛否両論別れるところですが、私はフィアー・ザ・ウォーキングデッドはそれなりに面白いと思っています。

本編よりも若い層のキャラがいたり、 人種も違っていたりして、本編とは違ったイメージです。

本編では白人+黒人+一人アジア系という構成ですが、こちらの外伝ではロスアンゼルス舞台らしく、 トラビスがインド系?で、メキシコ人の家族が出てきたり、もちろん白人もマディソンのように登場しますが、どちらかというと白人じゃない人が多く登場するイメージですね。

それでは気になる話の内容に入って行きたいと思います。

スポンサードリンク

前回までのあらすじ

なんとか街からビクターの先導によって抜け出し、ビクターの豪邸にたどりつく。

ビクターはアビゲイルという船を所持しており、それに乗って逃げようと提案する。

しかし、 ライザはすでにウォーカーに噛まれてしまっていた。

ライザはマディソンに撃ってくれと頼むが、トラビスが自らライザの頭を撃つのだった。

シーズン1最終回の詳細はこちら

FeartheS2E1

あらすじ・ネタバレ (ほとんど詳細)

ビクター・ストランドの豪邸のそばの砂浜でマディソンは爆弾が飛び交う様子を見ていた。

ストランドの持つ豪華船にはアビゲイル、ニック、アリシア、オフェーリアそしてダニエルがすでに乗っていた。

 

砂浜ではマディソンとトラビスがストランドの船「アビゲイル」に乗るための荷物を準備していた。

クリスは母親であるライザの死体のそばから離れない。

ストランドは砂浜に残っている3人を連れてくるようにと簡易ボートをニックと共に送り出す。

マディソン、トラビスそしてクリスは砂浜にいるウォーカーたちと戦っていたが、ニックが到着し、ライザの死体と共にニックの乗ってきた簡易ボートに乗り込む。

ようやく全員がアビゲイルに乗り込み、ストランドは船を出発する。

一行は街に飛び交っている爆弾攻撃を船の上から眺めていた。

ーーーーー

翌日ストランドはみんなに船のタンクのガソリンで3000マイルほど遠くまで行くことができることを明かす。 しかもエンジンをあまり使わなければもっと行けるかもしれないらしい。

トラビスはクリスの様子を見に彼の部屋へと行く。

デッキにいると人が向こうのほうで救命ボートに溢れそうなほどの人が助けを求めているのが見える。

マディソンはストランドに彼らを助けるようにと頼むが、ストランドは断固拒否。

トラビスはアリーシアに無線でどこへ行ったらいいか調査するようにと頼む。

ストランドはトラビスとマディソンにこの船は自分のものだから、自分の言うとおりにしろと言う。

ストランドは船の行先をサンディエゴにセットし、 海軍や陸軍の援助を求めることにする。

マディソンはトラビスにストランドにボートの人たちを助けるように言ってくれ、と頼むが、トラビスは「家族を守ることが優先」であり、これ以上乗客を増やすべきではない、と否定する。

アリーシアは無線のチャンネルを試行錯誤し、何かを聞こうと試みる。

そして、軍隊が「海上、陸上、空上いかなるところでも助けることは出来ない」、とアナウンスするのを聞く。

ストランドはサンディエゴがダメだったらどうするかまだ計画は立てていない、とトラビスに告白。

マディソンはアリーシアに無線ばかりしていないで休むようにと助言する。

 

トラビスはクリスが母親であるライザの死体のそばから離れないことを心配していた。

 

アリーシアは無線のあるチャンネルから音楽が流れるのを聞く。 そしてそのチャンネルから男の声がし、誰かいるのなら話しかけるようにと促す。

アリーシアは恐る恐る返事をする。

ーーーーー

クリスはライザ(母親)の頭にキスをする。

そしてデッキへ行ってダニエルが釣りをしているところに出くわす。

ダニエルとクリスはお互いの家族の死について話し、少し打ち解けたように見える。

そして、ダニエルはクリスに釣りの仕方を教える。

その様子を見ていたトラビス。

ーーーーー

ニックはオフェーリア(ダニエルの娘)が銃に撃たれた傷を痛そうにしていたのを見て、ガーゼを張り替えるのを手伝おうとするが、オフェーリアに断られる。

そこで、ニックはオフェーリアに氷をつけて、ウォッカを沢山飲むことを提案する。

ーーーーー

アリーシアは無線の男と話していた。

男は自己紹介をし、自分の名前はジャックであること、そして小さなボートに乗っていることを話す。

しかし、男は自分のいる場所を教えることに躊躇する。

ーーーーー

トラビスはダニエルの所へ行きクリスの様子を伺う。

ダニエルは「いつかクリスも君が殺ったことが正しいということを理解するよ」

とトラビスに言う。

ーーーーー

マディソンはストランドを探すが操縦性にはおらず、すこし離れた所で彼が一人でいるのを見つける。

ストランドはなにやらブツブツ言っていたが、マディソンに気づき眠気覚ましのために独り言を言うのだと説明する。

ーーーーー

アリーシアは無線の声の元であるジャックに船の上には海水を飲水に変換するシステムがあることを言い、ジャックは「君たちは金持ちなんだね」と冗談を言う。

ーーーーー

マディソンはデックにいるダニエルのところへ行き、ストランドをどこまで信用していいのかということについて話し合う。

なぜなら、ストランドは爆弾攻撃が始まる前にとっくに荷造りを済ませていたからだ。

ーーーーー

ジャックはアリーシアに自分たちは兄弟とその妻の3人だけだということを言う。

そしてジャックが自分の彼女が死んで変わっていく姿を見たという話を聞き、だんだんジャックに気を許していく。

ーーーーー

デックではライザの死体を海へ葬り投げる前のセレモニーをしていた。

トラビスがライザへの最後のお別れの言葉を言い、そしてクリスの番になったが、クリスはいきなりライザの身体を海に投げ込んだ。

 

クリスは怒った様子で船の中へ行ってしまう。 トラビスがクリスを追いかけるが、クリスはトラビスに対し自分の母を撃ったことを怒っていた。

そしてトラビスを殴るクリス。

トラビスは怒り狂うクリスを後にデックへ戻る。

唇からは血が出ていた。

ーーーーー

アリーシアはまだ無線の男と話していた。

ジャックは自分たちの船が沈みかけているのだという。

アリーシアは彼らを助けたいと言い、自分たちの居場所を教える。

そして、アリーシアはトラビスとマディソンの所へ行き、ジャックのことを話す。

ストランドはこれに激怒し、自分たちのことについて何か教えたのか、と追求するが、重要な事は何も教えていない、と答えるアリーシア。

ニックはアリーシアの肩をもって、アリーシアはただ助けたいとしているだけだ、というが、ストランドはこの船は自分の船だからみんなは自分に貢献するように努力すべきだと説得する。

ニックが後に、自分がどう役立てるのかと聞くと、ストランドはニックの「恐れない」事が貢献になる、と言う。

マディソンはクリスにもしトラビスがやらなければ自分がライザを撃っていた、と言い、

「もうこんなことは私の愛する人たちにさせない」と言ってクリスをなだめる。

ーーーーー

みんなが夕食をとっているとクリスが一人でデッキに行く。そして海の中に飛び込む音を聞く。

びっくりしたみんなはデッキに行く。

ニックはクリスの後を追って海に飛び込み、クリスに追いつくが、クリスはただ泳ぎたいだけだと言い、

ニックはそれを聞いて「わかった。じゃ、泳ぎなよ」

といってクリスを一人にさせる。

ーーーーー

アリーシアは無線のジャックに助けることは出来ないと言う。

そして無線からの返事は「大丈夫だよ。君を見つけたから。じゃあ、また後でね」

という答えが帰ってくる。

ーーーーー

ストランドはレーダーの中に入ってくるボートを見つける。

ーーーーー

>>>>>映像ここから

ニックが海の中を泳いでいると、人が海の中にいた。とおもいきや、それはウォーカーだった。

急いで逃げ出すニック。

ニック:「ママ!!」

ニックの声の方を見たマディソンは急いでトラビスに知らせる。

海の中からウォーカーの声が聞こえる。

そして、事故にあった何かの残骸があちらこちらに浮いている。

マディソン:「早く海から出て来なさい」

それを聞いたクリスが周りを見渡し、驚いて船に向かって泳ぐ。

心配したマディソンがニックを呼ぶ。

ニック: 「誰かの声がするんだ」

そしてニックは海に潜っていく。

マディソン: 「クリス!」

クリスは危機一髪で救命胴衣をつけたウォーカーに捕まるところだったがなんとか這い上がり船に乗り込む。

頭上ではトラビスの声が聞こえる

トラビス: 「ニック、どこへ行ったんだ!!」

ニックは弾丸の跡がいっぱいついているボートのようなモノの中に入る。

アリーシア:「どうしよう」

トラビス:「ニック!」

と行って自らトラビスも海に飛び込む。

そしてニックは何か浮かんでいるものを見つける。

その物をつかんだ瞬間に、ウォーカーに襲われそうになるが、なんとか自分を突き放す。

そしてその場を離れるニック。

ニックが手にしていたものは飛行機に乗っているパンフレットだった。

>>>>>映像ここまで

ーーーーー

ストランドはレーダーからの警告音を再び聞く。

「ひょっとしたら誰でもないかもしれない、でもひょっとしたらあれをやった奴らかもしれない」

と破壊されたボートを指して言う。

ストランドは奴らがやってくる前に船を出さないといけない、と言う。

トラビス、クリス、ニックが船に乗り込む。 ストランドは船のボタンを押す。

マディソンはトラビスに言う。

「あの救命ボートを全滅させた奴らがこのボートにやってくるわ」

>>>続く

まとめ

  • ストランドの豪邸はすでに爆弾攻撃にあっており序盤から燃えている
  • 砂浜に残っていたのはライザの死体、クリス、トラビス、そしてマディソン
  • 全員アビゲイルに乗り込む
  • オフェーリアは銃の傷口がまだ痛むようだ
  • 少し離れた所で救命ボートにあふれるばかりの人が乗っていて助けを求めていた
  • アリーシアは無線を使い始め、ジャックという名の男と話をし、気を許し始める
  • ダニエルは釣りがうまい
  • クリスは自分の母親をトラビスが撃ったことに対して恨んでいる
  • クリスが海に飛び込みニックが続いて飛び込む
  • さっき見た救命ボートの人たちが全滅しているのを目撃(?)
  • ニックは誰かの声が聞こえると言い、海の中に潜っていく
  • ニックはひっくり返ったボートの下に、飛行機のパンフレットを見つける
  • アリーシアと話していたジャックは自分の船が沈み始めたというが、アリーシアが助けにいけない事を話すと、アリーシアに船を見つけたから後で会おうと言い残す
  • アビゲイルのレーダーに船が入ってくる

スポンサードリンク

感想

なるほど〜。海の中にも人間ドラマが出てきそうですね!

海上でどういうシナリオになるのかちょっと興味深かったのですが、こういう展開になるとは思いませんでした。

私は何気にフィアー・ザの外伝版の方がB級ホラーっぽい怖さがあってウォーキング・デッドよりも緊張することが度々あります。

救命ボートに乗っていた人たちはおそらく墜落した462便の人たちなのではないかと思います。

そして、何者かによって銃弾を大量に打ち込まれボートは沈没。

その沈没したボートの中に入ったのがニックなのだと思います。

で、そのボートを沈没させたのが、おそらくアリーシアの話していたジャックですね。

ジャックは自分の居場所を始め教えなかったところが、すでに怪しいですね。

「煙のあがっている向こう側」と自分の居場所を遂に教えたジャックなんですが、ということは本当に救命ボートを沈没させたのはジャックの可能性が高いですね。

そして、救命ボートから見つけた「飛行機のパンフレット」

一時停止して462便の名前が載ってないか確認したんですけど、ありませんでしたw

これはちょっと次回はドキドキな展開になりそうです。

スポンサードリンク

こちらも読まれています

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す