ウォーキング・デッド原作コミックとTVの違い徹底分析(ネタバレ)

  • LINEで送る


テレビでも原作でも死亡してしまったキャラを紹介します。
他の項目もチェック!
⇓⇓
テレビでも原作でも生存中のキャラ 原作では死亡したがテレビでは生きているキャラ テレビでは死亡したが原作では生きているキャラ 原作でもテレビでも死亡したキャラ
スポンサードリンク

●グレン編

glen7
噂のグレンですw
グレンは100話にて原作の方で死亡してしまっているので、いつかグレンもテレビで同じ運命になってしまうのではないか、とネット上では噂でもちきりなんですが、それをあざ笑うように、テレビが何度も何度もグレンがピンチ!!!のシーンを見せています。

そしてグレンは今のところ健在ですが。。。。
まだニーガンも出てきてないですし、これから本当に原作と同じ運命になってしまうのか本当に心配です。

あのピザ屋の少年がここまでたくましく成長しました。本当に序盤からの生き残りはリック、ダリル、グレン、キャロルしかいません。
グレンのファンもいっぱいいますし、なんといってもアジア系キャラじゃないですか!
どうにか生き延びて欲しいところです。

マギーの妊娠については原作どうり着実にいっていますね。原作では子供も生まれてます。
ハーフの子供かわいいだろうな!テレビで見たいですね!

追記:予想通りの展開になってしまいました。 原作と同じ段階ですね。本当に衝撃的でした。 もう悲しくてあのシーンは2度と見たくないです(泣)

●エイブラハム編

eibu

エイブラハムは原作通りに行ったらテレビシリーズではシーズン6の第14話で死亡するところでした。

しかし、エイブラハムに代わってデニースが死亡してしまいました。
すごく衝撃的でしたね!

ということは今後の展開がとても楽しみになってきました。

エイブラハムはどこまで生き延びることが出来るのでしょうか?
それとも他のキャラと入れ替わって、ニーガンに殺られてしまうのでしょうか?

個人的にエイブラハムとユージンのコンビがとても好きなのでいつまでもあの漫才みたいな会話を聞いていたいですね。

がんばれ〜エイブラハム!

追記:あ〜、 もうエイブラハムも本当に辛い最後でした(泣)

●デニース編

デニース

シーズン6の第14話では衝撃の展開になってしまったデニースです。

彼女は原作ではもうちょっと長生きしました。しかしテレビではエイブラハムの代わりになってしまいました。

これでアレクサンドリアには医者がいなくなってしまいますね。寂しいです。

さて、原作ではデニースは同性愛者ではありませんでしたw ヒースと付き合っています。

興味深いのが、原作ではホーリーという名の女性によって死んでしまうのですが、テレビではホーリーという名の女性を初めて医者として助けています。

なんにせよ、ホーリーという名の人物との因果関係があるようですね!

私はデニースとタラのカップル結構好きだったんですが、もう二人で一緒にいることを見れないのは寂しいですね。

●タイリース編

たいりーす
タイリースは原作でもテレビでもお亡くなりになってしまったのですが、しかし彼の結末は全く違うものとなっています。
あえて言えば、タイリースは原作よりもテレビ版の方がちょこっと長生きしました。
ハーシェルのお陰?なのでしょうか。。

TV版でのあのショッキングなハーシェルの出来事、あれは実は原作ではタイリースに起こった事でした。
器用にすり替えたもんだ、と思いましたね!

タイリースは強いけど心優しくて、リックなんてジュディスと一緒にいるところほとんど見ないのに、タイリースがいつもお守りしててあげて、しかもリジーとミカの世話までしていました。

なんて子供に優しいキャラなんだ!と思いました。これは原作で娘を失ったことから少しは影響あるかもしれませんね。

TV版ではサシャが登場します。サシャは原作に登場しないとはいえ、次々と愛する人物を失くしていくという悲劇的な運命を辿っています。

あーでも本当にタイリースがいなくなっちゃうのは悲しかったです。
そのときは本当にノアを恨みました。

ハーシェルとタイリースがある意味すり替わったわけですが、どちらも好きなキャラなので辛いです。
どんどんタイリースのような純に優しい人がいなくなっていくのは寂しいですね。
スポンサードリンク

●ハーシェル編

ハーシェル

いやー、原作ではハーシェル子供多すぎ(笑)

なんだかとっても複雑な家族構成になってしまいました。

子沢山なハーシェルですが、テレビシリーズでは美人姉妹を持っています。

原作の方では息子であるビリーが殺された直後にガバナーによって銃で撃たれます。テレビもガバナーに殺されましたが、立場的にはタイリースとすり替わりました。

でもハーシェルの寿命はテレビも原作も同じでしたね。

ベスがおそらくスージーかレイチェルの代わりに生き延びたのだと思います。それにしてもベスの最後はすごく意外でびっくりしました。
でも確かにシーズン5の8話だったわけで、何かは起こるのはわかっていましたが、あれはあまりにも悲しすぎました。

ハーシェルの最後の笑顔もとても印象的ですね。

さて現在(シーズン6の14話時点では、マギーは原作でもテレビでも生き残っています。ハーシェルの分もがんばって欲しいですね、マギー!)

スポンサードリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 玉井さん より:

    死産は胎児に対して使われることだから、ローリーは死産じゃないね

    1. MAMI(まみんぼ) より:

      玉井さん、ご指摘有難うございます!

      そうですね!そう言われてみると、そうでした。
      子供を産んで死亡ってなんて言うのでしょう??

      言葉って難しいですね(汗

  2. 匿名 より:

    カール編に二ヶ所「砲弾ミス」とありますが、
    砲弾だと大砲の弾になります。
    それに「砲弾ミス」という言葉自体がありません。

    拳銃での射撃ミスなので「誤射」に置き換えたほうが
    意味が通じやすくなると思います。

    1. MAMI(まみんぼ) より:

      通りすがりのウォーカーさん、こんにちは!

      おぉお!!確かに、 砲弾ミス(笑)
      新しい言葉を作ってしまいました。

      誤射ですね!
      早速訂正します。

      どうも有難うございます!
      またよろしくお願いします。

コメントを残す