【ウォーキング・デッド】シーズン7第12話の名場面トップ10

スポンサーリンク



ウォーキングデッド、シーズン7第12話はちょっとほんわかなストーリーでした

この12話を好きかどうかっていうのは結構分かれるところじゃないかな〜

って思いますね。

 

第13話も目の前に迫ってきたということで、

早速第12話のおさらいということで、

今回もベストトップ10を作成しました。

 

ダイジェスト版としてどういうことがあったかな〜?

と思う方も是非利用してみて下さい!

 

それでは行ってみましょう!

 

【ウォーキング・デッド】シーズン7第12話の名場面トップ10

第10位 ロジータがヒルトップへ到着(早すぎw)

ダリルもヒルトップへ向かっているわけですが、

ロジータってヒルトップへ辿り着くの異常に早い感じがしました。

だって、以前初めてヒルトップへジーザスと行くときには皆で車に乗ってかなりかかるような

イメージでしたし、 リックたちが病気のマギーを連れてヒルトップへ向かったときも

ニーガン達に囲まれたとはいえ、結構距離がある感じでしたよね。

その後なんだか、 カールとイーニッドがローラースケートでヒルトップ行ったり、

サシャとジーザスが徒歩でヒルトップ行ったりと

なんか最近やたらヒルトップが近くなってきていると思うのは私だけでしょうかw

 

第9位 ロジータと神父

ロジータに一番八つ当たりされているのが、神父。

そして、ロジータの前ではいつもシリアスでカッコよく見せかけているのが、神父。

この二人の関係ってよく考えると面白いですよね。

ロジータは今回、神父に文句を言っていましたが、

今回の神父の言葉でロジータの運命はまた変わるのでしょうか?

というよりも、神父の言葉って役に立っているのでしょうか?

そこらへんちょっと疑問に思う私でした。

 

第8位 鹿はやっぱりフラグ(そしてCGが醜い)

ウォーカーを見ても分かりますが、

ゾンビが発生してからかなりの時間が経って、腐敗してきています。

それでもまだ生き残っている鹿がいること自体、すごいな、と思えますが、

ウォーキングデッドの場合、

鹿=フラグという法則が成り立っているところが結構ありますね。

鹿とカールのエピソードは今でもとても思い出深いものですが、

(それにしてもカールは昔から銃弾でえらい目にあってますね)

狙撃の練習をして、鹿を撃っていたミショーン、

など色々と鹿をひっくるめる意味深シーンが多いのも特徴です。

 

ところで、今回の鹿さん、あまりにもCGがひどすぎるとネット上で噂になっています。

かなりぼかして適当に鹿を入れたって感じありありですね(苦笑)

これwww

ヤバイですよねw

ネットではこのシーンのパロディをいろいろな人がコメントしていました。

日本でもコメントしている人がいましたが、やっぱりこの鹿はツッコミどころありすぎですよねw

 

第7位 リックとミショーン、屋根から落ちる

幸せモード一杯から一転して、戦闘モードに入る!

と思いきや、屋根から落ちたらベッドの上だったという

どこまでもあま〜いストーリー展開となりました。

そして大量の食料を見つけるというおまけ付き。

この後二人でムードいっぱいのキャンドルディナーとなりますが、

ここまで運がいい二人だから生き残ってこれたのか?

と思わせるくらい色ボケストーリーでした(笑)

 

第6位 リックとミショーンの遊園地ラブラブデート

武器は見つけるわ、 食べ物は見つけるわ

キャンドルディナーはするわ、もうラブラブでいっぱいの二人。

恋愛は良いですが、今回はもうお腹いっぱいでしたw

最近まではあまり笑顔が無かった二人なのでホッとした所もありますが、

もうちょっと二人でゆっくりしようと言い始めるリックとか、

見てる方としてはなんだかなな〜と思ってしまう瞬間でもありましたね。

Sponsored Link

第5位 タラの告白

ジュディスと話していた時点では、

海辺で会った女達のことはやっぱりナイショにしておこう、という結論だったのですが、

もっと武器を探してこなければいけない、というリック達の立場から

意を決して話すことにしたのでしょう。

タラって嘘をつけないタイプの人間だと思いますね〜

昔のタラとグレンのコンビ結構好きだったのにな、と何となく思い出してしまいました(泣)

 

第4位 久しぶりのジュディス登場

ジュディス、 一時期はなかなか成長しないな〜と思いましたが、

最近はいきなり大きくなってきたような印象があります。

でも可愛いですね〜w

ジュディスの顔を見てほっこりした人は私だけじゃ無いと思います。

ジュディスは今のところどちらに似ているか、というのはまだ微妙ですが、

リックには余り似ていないような感じではありますね。

それにしても、ジュディスはいつも両親不在でなかなか大変です。

 

第3位 リック、死んだと見せかける

リックがこういうシーンで死ぬことはまず無いのは誰もが承知。

でもあえてやっちゃう、っていうw

リックとミショーンが二人そろうとあまりにも強力すぎて、

二人が冒険してても安心感ありすぎなんですよね。

ただ、このシーンで、リックがもしもやられてしまったら、

ミショーンはどういう表情をするのだろう?

というのを知ることが出来た、というのは有ると思います。

 

第2位 マツコウォーカー登場

ツイッターの実況中継のときに、このウォーカーさんの事をマツコだと言った人がいて

これがものすごくツボにハマってしまいました。

そしてこのツイート、私がしたものですが、

マツコ似のウォーカーを演じた人の画像を発見したのですが、

マツコに微妙に似てると思います。

普通にウォーカーなんですけど、このウォーカーはいつもと違って

かなりインパクトのあるウォーカーでした。

しかも、水鉄砲しか持っていなかったというオチつきw

 

第1位 ロジータとサシャがタッグを組むことに

今回はなんとなく全体的にぼやけたストーリーというか、

平和的な要素が多くて、どれが一番目立って印象に残ったか、

と悩みました。

今回は次の重要なフラグ、キーポイントになる最後のこの二人の

タッグを組むところを1位にしました。

 

二人は死ぬのを覚悟してニーガンを倒すことを決意しましたが、

この二人の行方が気になるところです。

相手がニーガンですから、恐らくどちらかはニーガンの犠牲になるか

失敗してニーガンの手下にやられるか、のどちらになる可能性がありますね。

 

まとめ

というわけで、 シーズン7第12話のトップ10を

勝手に決めさせて頂きました。

今回は本当に何をトップ10入りにしようかと思うくらい

選択肢が少なかったです(苦笑)

それだけ平和だったと言うことでしょうか。

ミショーンとリックのデートの回、ってざっくり考えちゃいますが、

ちょこちょことその合間に大事なシーンがちゃんとあったんだな、

と改めて確認した感じですね。

第13話は激しくなりそうなので楽しみです。

スポンサーリンク


↓この記事も読まれてます↓



あなたに合った動画配信を選ぼう!

スマホ・タブレット・パソコンがあれば
いつでもウォーキング・デッドを
見れちゃう動画配信を紹介します。

いろいろある動画配信の中でも
過去のエピソードが見放題で、

更に最新話がリアルタイムで見れる
オススメのサービスを紹介します。

無料トライアル中に解約すれば
一切料金は発生しないので
実質タダ、0円で見れちゃいますよ!

まみんぼ
いろいろハシゴして
無料で長期間視聴する
という裏ワザもありますw

だりお
自分に合ったサービスを
見つけような

■別料金一切なし!海外ドラマが一番充実
Hulu

月額933円で
全てのタイトルが見放題です。
なので新作の別料金やポイントなどの
心配を一切しなくて良いので楽です。

Huluは群を抜いて海外ドラマの
ラインナップが多いです。

なので海外ドラマ好きの方には
Huluが一番オススメです。

↓Huluで見れる人気海外ドラマ

●ゲーム・オブ・スローンズ
●ズンブレイク
●スーパーナチュラル
●LOST
●ハンニバル
●ウェイワードパインズ
●12モンキーズ
●24

 

■とにかく安く見たい!という人へ
dTV

月額500円は
数ある配信サービスの中でも
ダントツ安いですね。

作品によっては追加料金がかかる
ものもあるので気をつけてくださいね。

↓dTVで見れる人気海外ドラマ

●ズンブレイク
●メンタリスト
●アンフォゲッタブル完全記憶捜査
●グレイズアナトミー
●私はラブ・リーガル
●アウトランダー
●ハンニバル
●ナイトシフト

 

■新作映画、韓国ドラマ、アニメが充実

U-NEXT

なんといっても作品の数が
ダントツに多いのがU-NEXT

月額は1990円とちょっと高めですが
毎月1200ポイントがもらえるので
有料の新作に使用することが出来ます。

作品数もなんと12万本という
他のサービスとは桁違いな数です。

追加料金なしで見れる作品だけでも
5万本あるので、実質Huluの
3万本よりも遥かに多いですね!

海外・国内ドラマはHuluの方が
多いですが、家族にNHK好きや
アニメ、韓国ドラマ好き
が多ければU-NEXTがおすすめです。

↓U-NEXTで見れる人気海外ドラマ

●スーパーナチュラル
●レジェンド・オブ・トゥモロー
●スーパーガール
●シャナラ・クロニクルズ
●ストレイン
●ブラックリスト
●ダウントン・アビー
●スーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。