ウォーキングデッド7第2話ネタバレと感想!キャロルの意外な展開

  • LINEで送る

邦題:王国   英語題名:The Well    アメリカの評価:

先週のショッキングな展開から始まったシーズン7第1話。まだまだショックから立ち直っていない人も多いと思います。

私もまだグレンやエイブラハムの映像が頭から離れません。

でも辛いですが、彼らの無念を晴らすためにも先へ進まなければいけません。

これも視聴者の試練と言えるのではないでしょうか??

ということで、

シーズン7第2話行ってみましょう!

スポンサードリンク

前回第1話のあらすじ

誰をニーガンへ従うための見本にしようか決めかねていたニーガンだったが、ついにルシールの犠牲者を決定した。

選ばれたのはエイブラハムだった。悲しみに暮れるリック一行。ニーガンはそれを楽しむかの様にロジータに話しかける。

しかしそれに対して怒り殴ろうとしたダリルの行為からさらなる悲劇が待っていた。。。。。

前回、第1話の詳細はこちら

ウォーキングデッド・シーズン7第2話の詳細・ネタバレ

Khary Payton as Ezekiel - The Walking Dead _ Season 7, Episode 2 - Photo Credit: Gene Page/AMC

画像元: Gene Page/AMC

キャロルは馬に運ばれていた。

話はキャロルが撃たれてから2,3時間後の設定である。

モーガンが見つけた馬に乗った男が、皆を導いていた。

キャロルはまた眠りにつく。

しばらくしてキャロルは目を覚ます。

そしてモーガンやほかの馬に乗った者たちがウォーカー達と戦っている姿を見る。

しかし、キャロルはウォーカーがやられた瞬間ふと彼らが人間に見える。

 

キャロルはフラフラとしながらもグループから離れようとする。

そして、お墓のあるところへたどりつく。

目の前の家のまえでは年を取った女性が窓から覗いている。。。。が人間に見えたその人物はウォーカーだった。

そこでキャロルは自分がウォーカーに囲まれている事に気づくのだった。

 

馬に乗った何人かの者が次々へとウォーカーを始末していく。

そしてその中にはモーガンの姿もあった。

そしてモーガンとキャロルは再び再開する。

その時、モーガンは郵便箱の旗を上げておく。

 

ーーーーー

キャロルはベットの中で目を覚ます。

モーガンによるとキャロルは2日間ずっと眠ったままだったようだ。

 

モーガンはキャロルを車いすにのせ、建物の外へ出た。

二人がいる場所は人々が住んでいる小さな町のようだった。

「ここは帝国というんだ」

モーガンが説明する。

キャロルは辺りを見回す。

子供が駆け回り、住人が畑に水をやっている。

 

「君の傷が治るまではあと一週間かかるだろう。そしたらアレクサンドリアに戻れるよ。」

「この帝国はね、エゼキエル王によって支配されているんだよ」

とモーガンは続けて説明する。

 

 

そしてモーガンはキャロルを劇場へと連れて行った。

そこには一人の男と鎖につながれたトラがいた。

その男は自己紹介を始める。

「私はエゼキエルだ。帝国へようこそ。」

そしてエゼキエルはキャロルに帝国についてどう思うかと意見を聞く。

キャロルは「いい人」の振りをして、

「ここは素晴らしいと思うわ」

と言い、にっこり笑う。

 

エゼキエルはキャロルに自国で出来た果物を食べるようにと差し出す。

そしてなぜか、エゼキエルはその中でもザクロを食べるようにと勧めるのだった。

しかし、キャロルはザクロはあまり好きじゃ無いといって丁寧に断る。

Sponsored Link

劇場の外へ出ると、キャロルはモーガンにすかさず言う。

「なにこの帝国。まるでサーカスね。私無理だわここ。だから出ていきたいの。」

 

しかしモーガンはキャロルが一人旅をするのは危険すぎると思いキャロルの意見には賛成しない。

ーーーーー

モーガン、エゼキエル、そして帝国の数人のメンバーはトラックで帝国の外へ出る。

そして、彼らは町の近くへ行くとそこで豚狩りを始めた。

 

モーガンはそのとき衝撃的な光景を見る。

 

帝国の人々は豚を捕まえるとその豚を建物の中に持って行き、

その豚たちにウォーカーを食べさせていたのだ!

 

豚たちは喜んでウォーカーを食べていくw

 

モーガンがその光景をみて唖然としていると、

リチャードが

「よくやった。」

と満足げに褒めたたえる。

 

モーガンは不思議に思い、リチャードに何故ウォーカーを食べさせるのかと質問すると

「奴らにはたくさん腐った物を食べて欲しいんだよ」

とリチャードは答える。

 

 

ウォーカー達がエゼキエルたちに近づいてくる。

するとリチャードが一緒にいた少年にそのウォーカーを退治するように指示する。

少年は少し手間取るがなんとか退治することができた。

 

エゼキエルもウォーカーを自ら剣で始末していた。

エゼキエルはウォーカーを始末した後モーガンの方へ行き、豚の事は他の帝国の人には秘密にして欲しいと伝える。

 

 

ーーーー

そしてシーンは帝国の中へ。

 

エゼキエルはモーガンに少年(ベンジャミン)を棒で戦えるように訓練してくれないかと頼む。

モーガンはそれを快く受け入れる。

 

キャロルはまだベッドの中にいた。

しかし、じっと車いすを見つめなにやら考えている。

(歌が流れる)

モーガンはベンジャミンを訓練していた。

 

 

キャロルは車いすを自分で運転し、クラフトのテーブルからナイフをこっそり盗み、

洗濯ものを畳んでいる男の前で演技をし、泣く真似をして、男が向こうへ行っている間にいくつかの服を盗み取った。

 

 

モーガンとベンジャミンは少し休憩をしていた。

ベンジャミンはモーガンに「芸術と平和」という本を貸してほしいと頼み、モーガンは承諾する。

 

そこへエゼキエルがやってきて、モーガンたちにちょっと来ないかと尋ねる。

そしてリチャードはモーガンに銃を持ってくるように、と言う。

 

モーガン、エゼキエル、そして数人の帝国の者たちは何匹かの食用の「豚の丸ごと」をトラックに吊るし、搬送用にして待っていた。

そこへニーガンの部下たちがやってくる。

到着した救世主グループのリーダー(ギャビン)が豚の数を数える。

ギャビンは豚が前回よりも大きいことに満足する。

「豚にたくさんエサを与えてやったからな」

とリチャードが答える。

 

帝国の兵士の一人が(ダイアン)がモーガンに救世主グループについて説明しようとしたが、

モーガンは

「奴らが誰かわかってるよ」

と即答する。

 

 

救世主グループがトラックに去る準備をする途中にリチャードにケンカを吹っ掛ける。

エゼキエルはケンカを辞めるようにと命じる。

 

救世主グループのリーダー、ギャビンは

「来週は野菜と果物だからな。 量が少なかったらこいつが死ぬからな」

と吐き捨てるように言って、リチャードを指す。

 

ーーーー

帝国へ戻る。

モーガンはベンジャミンとヘンリー達と共に食事をしていた。

 

ベンジャミンはエゼキエルは父の親友だったことを打ち明ける。

彼の父はとても強かったが、ウォーカー退治の時にやられてしまったと。

そして、エゼキエルが住民に救世主グループの事は紛争にならないように内緒にしていることも打ち明ける。

 

「人を殺すことに反対なの?」

モーガンの本を読んだベンジャミンはモーガンにそう聞く。

 

「僕たちは自分の意思を変えることがあるんだ」

モーガンはそう答える。

 

カフェテリアを後にし、モーガンはキャロルの食べ物をもって彼女の部屋へと行く。

しかし、そこにキャロルはいなかった。

 

 

その夜、エゼキエルはキャロルがガーデンから果物をいくつか取っているのを発見する。

キャロルは帝国から出ようと準備をしていたのだ。

 

キャロルは演技を続けようとしたが、エゼキエルはそれを見破った。

キャロルは仕方なく本来の自分の口調に戻り、

「あなたのやってることってバカバカしいのよ」

とエゼキエルに言う。

 

すると、エゼキエルはキャロルの隣に座ってもいいかと聞き、キャロルの隣に腰を下ろす。

>>>動画ここから

そして自分がわざとヒーローのようにふるまっていることを認める。

「住民には誰か頼れる存在が必要なんだ、だからそれに答えようと思ったんだ。」

そして実はシバ(トラ)は動物園で飼育を担当していた時に看病していたトラであったことを打ち明ける。

「あいつは動物園での最後の生き残りだったんだ。それで俺をかばってくれたんだ。」

エゼキエルは自分は本当は王とかそんな大それた者ではなく、ただ一人の人間なだけだ、とも説明する。

 

「このことはみんなには黙っていてくれ」

と最後に付け加えるエゼキエルだったが、

 

「そんなのどうでもいいわ。好きなようにすればいい。」

「私はどこかへ行ってしまいたいだけなの」

そう答えるキャロル。

>>>動画ここまで

 

しかし、エゼキエルは

「時には行かないというのが正しい選択の時もあるんだ」

と説得する。

 

ーーーーー

翌日、モーガンはキャロルがお墓にいるのを見つける。

キャロルが去るのを惜しそうにして別れを告げ、そして郵便箱のしるしを下げ、モーガンは町へと戻った。

 

キャロルはそこにあった家の中に入り、中にいた年よりの女ウォーカーを退治する。

そしてそのウォーカーを外に埋めてやる。

キャロルは家の中に入り、暖炉に火をつける。

すると誰かがドアをたたく。

キャロルは顔をこわばらせるが、トラの声が聞こえる。

客が誰か分かったキャロルはドアを開ける。

 

するとエゼキエルとシバが外に立っていた。

「ほんとうにザクロいらない?」

キャロルはほほ笑む。

 

>>>続く

 

まとめ

  • キャロルは帝国の人たちに助けられ、帝国へたどり着く
  • モーガンがキャロルをエゼキエルに紹介する
  • モーガンはキャロルとアレクサンドリアへ戻ろうと思っていた
  • 帝国の兵士たちは外で豚にウォーカーのエサをやっていた
  • 救世主グループが帝国へやってくる
  • 帝国はヒルトップのように自分の産物を救世主グループ(ニーガンたち)に捧げていた
  • エゼキエルは救世主のことは住民に内緒にしていた
  • モーガンは少年(ベンジャミン)に棒での戦い方を教える
  • キャロルはエゼキエルやモーガンが止めようとしても聞かず、町を去る
  • キャロルは帝国からすぐそばの家でとりあず一息ついていた
  • エゼキエルがキャロルを尋ねる

新キャラ・没キャラ

新キャラ

ezekiel

エゼキエル

siba

シバ

benjamin

ベンジャミン (帝国の人)

richard

リチャード (帝国の人)

jerry

ジェリー (帝国の人)

daiane

ダイアン (帝国の人)

henry

ヘンリー (ベンジャミンの弟)

  • ジェレド
  • ギャビン (救世主メンバー)
  • ケビン
  • アルバロ
スポンサードリンク

感想

いや~新キャラがいっぱいで大変W

エゼキエル、かっこよく登場ですね!

あと、こないだの予告編なんですけど、

予告編2ってあれ、第3話用のだったんですね(汗

どうやら第2話と第3話が急きょ入れ替わりになって、そのことから

情報が混乱していたようです。

 

なので、はじめに予想していたように

ダリルは登場しませんでした(笑)

 

予告ではもっと波乱があったように見えたのですが、そこまででもなく。。。

私の予想は大外れでしたがw

ドワイトの代わりに、ほかの救世主の人が来ていましたね!

なので、これはニアミス??

と勝手にしている私です。

 

思うに、第1話が衝撃的すぎたので、気持ちを落ち着かせるために帝国のシーンを先に持ってきたと思うんですよね。

だってその後のリックのメンバーを見るのはまだちょっと心の準備が出来てない気がしますもん。

 

私はウォーカーストーカーの和んだ役者さんをみて安心したので、まだましな方だと思いますが、

それでもやっぱりあの映像はもう頭から離れられないですね。。。。(涙)

 

今回はすごくミステリーな映像が登場しました。

ウォーカーが人間に見えてしまうキャロル。

何かの予兆のような気までしてしまう。。

 

それとあのウォーカーを食べさせた豚を食べた救世主グループたちには何か異変は起こらないのでしょうか??

そこらへんも見ものですよね!

 

日本語訳を見たことがないのですが、キャロルの訳ってどうなってるんでしょうね?

キャロルって結構言葉遣い汚いですよw

昔はキャロルはこんな言葉遣いするような人じゃなかったんですよね。いつからこんなキャラになったんだっけ??

と考えさせられる話でもありました。

 

それと、エゼキエルとキャロルは。。。。。むふふな関係になるのか???

うーーーん、どうでしょうね???

ダリル&キャロル より エゼキエル&キャロル の方がいいかな、って気はしますが。。。

モーガン&キャロル もありうると実は密かに期待している私ですw

 

とりあえず穏やかな?帝国でちょっと安心したような気分にはなったかな、と思いますが、

来週はリックグループが登場するようなので、また不安です(汗

スポンサードリンク

こちらも読まれています

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す