フィアーザウォーキングデッドのシーズン2第13話ネタバレなど

  • LINEで送る

フィアー・ザ・ウォーキングデッドの放送日がまたやってきました。

今回はシーズン2の第13話になります。

えー、今回を含め、シーズン2はあと3話になりました。

今年4月にフィアー・ザ・ウォーキング・デッドのシーズン3が正式に行われることが発表されました。

なので、まだまだ続きますw

 

それにしても、このシーズン2の後半がぬるすぎます。

まだ3話残っているのでシーズンクライマックスにかけてもうちょっと盛り上がってくれるのでしょうか???

 

それにしても、私の疑問になっているキャラクターが全く出てきません。

悲しいです。

もうちょっと辛抱して待ちたいと思います。

 

どうでもいいですが、このシリーズが始まったときにニックの顔を見た瞬間、ジョニー・デップみたい!

と思いました。

が、演技や声は全く違っていました。

ふら~とネットサーフィンしてるとなんと、同じことを思った人がいました。

nickk

ね?なかなか似てると思いませんか?

 

それでは行ってみましょう。

スポンサードリンク

前回12話のあらすじ

オフェ―リアの回想にて、オフェ―リアには恋人がいたことが発覚する。

オフェ―リアは一人地図を見て、恋人がいるはずのアメリカへと向かう。

一方、ニックは街を出ることをアレハンドロから禁じられ、街を出ることができない。

薬の交換条件を果たすべきだと主張するが、アレハンドロは聞く耳をもたない。

ニックはこっそり街を出る作戦をたてるのだった。

ホテルでは、マディソンたちが畑を耕していていたりしたが、ストランドが腹を刺されてしまう。

薬が足りないので調達しにマディソン達はギャングのいる町へ向かった。

第12話の詳細はこちら

第13話のあらすじと詳細・ネタバレ

ホテルの電灯を見た人たちが沢山ホテルへ押し寄せる。

マディソン達は焦ってどうにもできない。だれも門の中に入れないようにとする。

しかし、門の前に群がっている人の中にトラビスの影をみる。

ーーーーー

過去のシーンへ。

足を撃たれたジェームズが痛そうに呻く。

そのすぐそばの地面には農場の主が倒れていた。

トラビスはすぐに農家の家へ入って救急用具を探し、ハサミやガーゼなどを見つけ、ジェームズの傷口の手当てをする。

 

そしてジェームズの傷口を縫ってやる。

ジェームズは痛そうに叫ぶ。

そんなジェームズを見て、トラビスは「良くなるから大丈夫だ」と励ます。

 

 

トラビスは農場の主を他の家族が埋まっている墓地へもっていきその体を埋めた。

 

そしてほかの家族の墓にあるように、十字架を作って立てる。

 

ブランドンたちはキャンプファイアーを作り、チキンを焼いて食べ、ビールを飲む。

トラビスは頻繁にジェームズを訪れ、傷口がどれだけ痛いか1から10の中で選べという。

しかし、ジェームズは無理をして低い数字を言う。

トラビスは調子が悪くなったらいうようにと告げる。

 

「話がある」

とトラビスはクリスを呼び出す。

そして農場の主を撃ったことを責める。

しかし、クリスはやるべきことをやっただけだ。

と言い、自分はブランドンたちが必要なんだ。とトラビスを説得する。

ーーーーー

ホテルにて。

マディソンはトラビスをフェンスから自分たちのほうへと入れる。

そして、シーンはホテルの中に。

マディソンは食べ物やシャワーを浴びてはどうかと聞くが、トラビスは要らないと言い張る。

そして「ニックはどこだ?」

と聞く。

マディソンはニックは一人で去ってしまった、と言う。

マディソンはトラビスに「クリスはどうしたのか?」

と聞く。

すると、トラビスは困惑したような顔をする。

そして言う

「どうすることもできなかった」

ーーーーー

過去のシーンへ

農場ではブランドンがしびれを切らし、いますぐ出発すると言い始める。

トラビスはジェームズはまだ体調が戻ってないからしばらくとどまるべきだ、と主張する。

ブランドン達はいまだにサンディエゴへ戻ることを計画していた。

トラビスがサンディエゴにはもう何も残っていないと説得するが、ブランドンたちは耳を貸さない。

 

クリスも「実際に行ったわけじゃないじゃん」

と反抗する。

トラビスは農場の主の運転免許所を探し出し、彼の墓に名前をつけてやる。

しかしクリスがやってきて早くするようにとせかす。

 

トラビスはブランドン達のいるところへ戻り、ジェームズをトラックの上に乗せるのを手伝う。

ジェームズはもう充分回復したという素振りをみせる。

しかし、トラックが走り始めると振動で傷口が痛むジェームズ。

トラビスは心配するが、ジェームズはブランドンには言わないでほしいと頼む。

しかし、痛みから気絶してしまう。

トラビスは大声で叫びトラックを止めるようにと命令する。

 

しばらくたって夜になった。

トラビスは向こうの方でブランドンたちがジェームズはもう持たないだろうから始末した方がいい、という話を耳にする。

トラビスはブランドンたちの方へと行き、ジェームズは必ず回復するがまだ時間がかかるだけだ。と説得する。

 

しかしブランドンたちはトラビスの意見は聞こうとしない。

しょうがなくトラビスはブランドンの仲間が持っていた銃を奪い、ジェームズを殺すなと脅す。

ブランドンたちはトラビスが撃てるわけがない、と油断するが、トラビスは彼らの足の方へ向かって撃った。

緊迫した空気が流れる。

 

トラビスはジェームズのところへ行き、殺されないようにガードしていた。

トラビスはジェームズにブランドンたちがジェームズを殺そうとしていることを話す。

ジェームズは、昔仲間がウォーカー化する前に撃ってくれと言っていたが、直前になって怖くなって拒否したのを自分が撃ったという話をする。

 

トラビスはジェームズは死んでるんじゃない、回復してるんだというが、ジェームズは言う。

「そんなの関係ないさ。やつらは俺が死ぬと思ってるんだから。」

>>>動画ここから

翌朝クリスがトラビスのところへ来た。

「話がしたくて来たんだ。お腹空いたと思ってご飯も持ってきたよ。」

そして、いつもとはちょっと違った感じで(少し弱弱しく)トラビスと話を始める。

クリスはブランドンたちはつまらないから気晴らしにどこかへ行って今はいない、という。

そして、ブランドンたちがジェームズは幼い時からの友達なのに、それでも始末できるってことは、自分の場合なら簡単に始末されてしまうだろう、と不安げに話す。

「大丈夫だ。そんなことにはさせないよ」

といってトラビスはクリスを抱きしめる。

その瞬間だった。

クリスがトラビスに体当たりをした。

そして大声でブランドンたちに

「いまだ」

と合図をする。

そして拳銃を持ったブランドンとデレックがやってくる。

トラビスは撃つなと叫び、ジェームズも怖くなり命乞いをする。

 

しかし、ブランドンはジェームズの頭を撃ちぬいた。

 

 

呆然として見つめるトラビス。

>>>動画ここまで

Sponsored Link

そしてクリスとブランドンたちはトラックに乗り込み出発しようとする。

トラビスは何とかクリスに思いとどまらせようと説得するが、

「頼むから僕を自由にさせてくれ」

とクリスは言い残しブランドンたちと去って行った。

 

一人残されたトラビスはジェームズを農家のお墓に埋めるのだった。

 

ーーーーー

そして現在のシーンへ戻る。

トラビスは自分は失敗したんだ、と自らを責めていた。

「クリスに愛しているという言葉を言う事すら忘れていた。それに気が付いたときはもう遅かった」

 

マディソンはトラビスの手を握る。

 

マディソンたちはホテルへ助けを求めてやってきた人たちを駐車場へ集めていた。

そこではアリーシアたちが一人一人感染していないか調べていた。

 

マディソンはアリーシアに話がしたいという。

そして二人は橋の上へ行き話を始める。

 

マディソンは自分の元夫(アリーシアの父)は実は事故でなく自殺であったことを明かす。

アリーシアはそれに対してすこし戸惑いを見せる。

そして遺書には何が残してあったのかを聞く。

マディソンは言う

「みんなの事愛しているが、これ以上は耐えられない(直訳すると、「充分は十分なんだ」)」

 

マディソンはこの事を言わなかったのはニックが父親のようになってしまうのじゃないかと心配したからだと説明する。

 

「あなたはしっかりしていたから大丈夫だと思っていたけど、ニックもあなたも同じように愛していたわ。本当よ。」

そして二人は抱き合った。

 

 

その夜だった。

何者かがホテルのゲートに到着する。

そしてその中にはブランドンとデレックの姿も見えた。

 

>>>続く

 

まとめ

  • トラビスがジェームズの怪我の手当てをするが、結局ブランドンたちはジェームズを始末することにする。
  • クリスがトラビスの隙を作るためにわざと弱い演技をする。
  • ホテルには沢山の人が助けを求めてやってきた
  • クリスはトラビスから去る
  • マディソンがアリーシアに父親が死んだ本当の理由を明かす

新キャラ・没キャラ

新キャラ

なし

没キャラ

james

ジェームズ(ブランドンの仲間)

スポンサードリンク

感想と予告編

今回はスローダウンしてちょっとつまらないな、と思いました。

かなりシリアスでしたね。ドラマ~~って感じ。

ただ、今回の話には重大なメッセージがあります。

それは、2010に事が始まったということがお墓のマークから分かることです。

2010年はリックが病院で目覚めた年。

これが13話の一番の見どころ?じゃないかと思います。

あとは。。。。クリスとか。。。。マディソンとか。。。。どうでもいいですw

 

最近あまりにもマディソンが鼻についてきて、トラビスを見てなぜか安心してしまいましたw

このまま行ったらマディソンがえらい女王になっててーへんだ、と思っていたところだったので、良かったです。

 

そして、来週はなんとシーズン2の最終回です。

といっても2時間大サービスで、14話と15話を一気に放送するらしいです。

 

なんで?

まあいいけど。

 

ちなみに次回予告なんですがこちらを見てください。

オフェ―リアが妙に強くなっていますw

そして注目していただきたいのが。。。。

 

ハンマーを持っている!!!

 

なんと、オフェ―リアはフィアーザ版のタイリースになるようですw

 

これは、どうなんでしょうw

オフェ―リアは嫌いじゃないのでいいです。

マディソンとクリスをどうにかしてください。

ストランドもつまらないので(しかも酔ってもつまらない)もっと色をつけてあげて欲しいです。

 

オフェ―リアとダニエルが出会うといいんですけどね~

 

来週は今までよりは面白くなりそうなので、ちょっと期待しています。

スポンサードリンク

こちらも読まれています

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す